2008年01月30日

第4回患者の権利を守るための公開勉強会 開催

川田龍平主催の院内集会を開催します。ぜひご参加ください。

【STOP!薬害 守ろう!被験者人権
 患者の権利を守るための公開勉強会(第4回)】

患者の権利を守りながら、かつ、必要な臨床研究や治験(医薬品の承認申請を目的とした臨床試験)を進めるにはどのような法律が必要でしょうか。1月10日、参議院厚生労働委員会における薬害C型肝炎救済法案の審議で、舛添厚生労働大臣に立法の必要性を質すと、大臣は、ヨーロッパの法整備について見識を示し、「どういう形で人権を守りながら今の臨床実験であるとか治験がやれるかということを早急に検討してまいりたい」と答弁しました。
今回は、立法の声を広げるチャンスであると考えます。そこで、関係省庁が乱立させてきた数々の倫理指針(*)を、系統立てた一本の法規制とすべきだとの論点をお持ちの笹栗俊之教授を招き、現状の問題点、研究者からみた被験者保護法制の重要性をお話いただき、議論を進めていきたいと思います。是非、ご参集ください。


スピーカー:笹栗俊之 教授 (九州大学大学院 医学研究院 臨床薬理学) 
日   時:2008年2月14日(木) 15:00〜16:30
場   所:参議院議員会館 第5会議室
呼びかけ: 参議院議員川田龍平 

*「疫学研究に関する倫理指針」「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」「遺伝子治療臨床研究に関する指針」「臨床研究に関する倫理指針」「手術等で摘出されたヒト組織を用いた研究開発の在り方」「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針」「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」等 

参考:第3回までの「患者の権利を守るための公開勉強会」では、(1)「治験」は省令GCPで規制されているが、「治験以外の臨床研究」には法的規制がなく被験者保護が確保されないこと、(2)「治験」においてもドラッグラグ解消のために施設内の治験審査委員会のシステムを簡素化しようとしていること、(3)社会の信頼を得て研究を進めるには利益相反の問題が重要であること、(4)厚労省が現在進めている「臨床研究に関する倫理指針」の見直しでは、過去に日本で起きた薬害や指針逸脱事例の調査・解明を行わずに進めていること、が明らかになっています。

「治験・臨床研究における被験者保護と適正な研究の推進に関する質問主意書」も提出しました。http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_c03_01.htm平成20年1月7日提出、答弁1月15日
posted by 川田龍平事務所 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

2008年01月29日

再処理工場をとめよう集会

1月27日(日)日比谷野外音楽堂で行われた
「青森県で核燃料を再処理するロッカショ工場を止めませんか」集会に
川田龍平は参加しました。

CIMG3604.JPG 続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 17:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 活動

2008年01月24日

「久米宏 ラジオなんですけど」に生出演

1月26日(土)13:20〜13:45
川田龍平はラジオに生出演します!

『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ、954kHz)
「ニッポンの公務員に一言」というテーマで久米宏さんと川田龍平の対談実現!
ぜひお聞きください。

公式サイト↓
http://www.tbs.co.jp/radio/kume954/
posted by 川田龍平事務所 at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

「陸上自衛隊東部方面情報保全隊及び同部隊が作成した文書に関する」質問主意書

環境委員会では問えない課題に対する内閣の答弁を引き出すため、
川田龍平は、今後ももっと積極的に質問主意書を提出していきます。

【質問主意書とは】
「質問」というのは、議員が、内閣に対し国政一般について事実の説明を
求め、または所見をただす行為をいう。
「質問」をするには、簡明な主意書(主旨、おおむねの内容)をつくり、
議長に提出して承認をえなければならない。議長の承認後、内閣に転送され、
内閣は質問趣意書を受け取った日から7日以内に答弁しなければならない。


【川田龍平提出の質問趣意書】

メモ「陸上自衛隊東部方面情報保全隊及び同部隊が作成した文書に関する」
質問主意書

本文はこちら →http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_c03_01.htm
答弁書はこちら → http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_c03_01.htm


メモ「仙台市地下鉄東西線の建設への補助金支出に関する」質問主意書

本文はこちら →
http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_c03_01.htm
答弁書はこちら → 
http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_c03_01.htm


メモ「治験・臨床研究における被験者保護と適正な研究の推進に関する」質問主意書

本文はこちら →
http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_c03_01.htm
答弁書はこちら →
http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_c01_01.htm




posted by 川田龍平事務所 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 質問主意書

2008年01月23日

毎日新聞 記事掲載

2008年1月23日(水)発売
毎日新聞の「つむじ風」コーナーに、川田龍平の記事が掲載されました。

記事内容はこちらからも見られます↓
http://mainichi.jp/select/seiji/tsumuji/
posted by 川田龍平事務所 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 報道載録

映画「ビルマ・パゴダの影で」

アイリーヌ・マーティー監督
「ビルマ・パゴダの影で」(渋谷アップリンク、試写会)を川田龍平は見ました。

「ビルマ・パゴダの影で」公式サイト↓
http://www.uplink.co.jp/burma/

img-130151957-0001.jpg

【感想】
今までほとんど伝えられてこなかった少数民族への弾圧の実態を潜入したカメラが
とらえていました。まずはこの現実を見ることが出発点だと思います。日本を含む
外国政府や企業が武器供与や石油利権などの形でビルマの軍事政権を支えています。
弾圧への加担をやめさせなければならないと思います。両親をビルマ政府軍に
殺された少数民族の子どもが、「大きくなって復讐したい」と話しているシーンが
衝撃的で、世界がそこまで追い込んでいるのであり、憎しみの連鎖は断ち切らなけれ
ばならないと思いました。ビルマ民主化のために更に働きたいと改めて思いました。
 
posted by 川田龍平事務所 at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

2008年01月22日

20日告示日、第一声の様子:08’八王子市長選

20日告示日、第一声の様子:08’八王子市長選

川田龍平も応援演説にかけつけました。
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月18日

厚生労働省 7500医療機関を公表

厚生労働省は、フィブリノゲン製剤の納入先と、クリスマシンなどの血液凝固
因子製剤を血友病以外の患者に投与した可能性がある医療機関を新聞の
折り込み広告やホームページで公表すると発表しました。
(朝日新聞、2007.1.17)

 ・厚生労働省の電話相談窓口
   0120−509−002
   (平日午前9時半〜午後8時)

 ・厚生労働省のホームページ
   http://www-bm.mhlw.go.jp/
posted by 川田龍平事務所 at 09:52 | Comment(3) | TrackBack(1) | 活動

2008年01月15日

Happy Birthday龍平&これからパーティ

1月12日(土)
Happy Birthday龍平&これからパーティをカフェスロー(国分寺)で開催しました。
100名余りの方々に参加いただき、演奏やダンスなど盛りだくさんの会でした。

写真提供:志葉玲

IMG_3633b.jpg

IMG_3116b.jpg

IMG_3155b.jpg
続きを読む 会場の様子はこちら
posted by 川田龍平事務所 at 12:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2008年01月10日

初質問を終えました【厚生労働委員会】

1月10日(木)
川田龍平は、厚生労働委員会にて初質問しました。

*今回「委員でない議員の意見聴取等」(参議院規則第44条)という規定を
 利用し厚生労働委員会での初質問を実現しました。
 第44条:委員会は、委員でない議員から意見を聴き、又は発言を許可
 することができる。

CIMG3409.JPG

・肝炎救済法案を可決=参院委
・川田氏の質問に舛添氏タジタジ…薬害C型肝炎問題で“初対決”
・川田議員“飛び入り”初質問…厚生労働委員会

続きを読む 質問内容詳細も
posted by 川田龍平事務所 at 16:10 | Comment(4) | TrackBack(1) | 委員会

2008年01月09日

厚生労働委員会で初質問!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 厚生労働委員会で初質問します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月10日(木)10:00〜15:15 

に開かれる厚生労働委員会で、薬害肝炎関連法案について、川田龍平が
いよいよ初質問をすることになりました。*委員外質問という制度を利用
質問時間は多少ずれることもありますが、最後の15分間の予定です。

委員会の録画は、当日16時以降、参議院の下記サイトにてご覧いただけます
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
「ビデオライブラリ」→「会議検索」→カレンダーから「10」日をクリック
posted by 川田龍平事務所 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 委員会

2008年01月07日

2008年スタートです!

いよいよ始まった08年
仕事始め、動乱の年にふさわしい多忙な1日でした。

CIMG3303.JPG

CIMG3340.JPG


明日にも衆議院可決といわれる「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固
第\因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に
関する特措法」案(C型肝炎救済法)をめぐる対応に追われました。

この法案自体、原告団、弁護団の5年間にわたる辛く厳しい闘いの中で
ようやく救済のための法律が提案される段階に来たものです。川田龍平も
昨年12月19日の首相官邸前で「福田首相の政治決断」を求め、原告団と
共に闘ってきました。今日(1月7日)の朝日新聞における早野透さんの
コメントでは「野党結集の軸になった」と高い評価をいただいております。
「命を削って」闘ってこられたの原告団の皆さんと、これまでの成果を
共に喜びたいと思います。

しかし一方で、この救済法案の救済対象を定める第2条には「後天性の傷病に
係る投与に限る」という条項が書きこまれています。言い換えると、血友病患者の
ように先天天性の病気の方々で、C型肝炎に感染した方々は、救済対象から
外されます。具体的に言うと参議員議員川田龍平、家西悟議員は対象外です。
そこで、血友病に関わる患者団体などが、法案それ自体の経緯を尊重しつつも
一律全員救済の精神にしたがって慎重審議と法案の修正、あるいは実質的な
全員救済を約束する国会決議などを求める衆議院・参議院の議長への申し入れを
行いました。

CIMG3356.JPG
江田参議院議長へ直接申し入れ

川田龍平は、家西悟議員と共に患者団体に同行し、江田五月参議院議長、
河野洋平衆議院議長へ直接申し入れを行いました。さらに患者の一人として
民主党B型・C型肝炎総合対策推進本部の会合や厚生労働省記者会見に同席
しました。
本当の意味で全員救済を実現するために、川田龍平は残された会期内で
全力を尽くします。
posted by 川田龍平事務所 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。