2009年02月27日

公開勉強会のお知らせ

公開勉強会を開催します。どなたでも参加可能(無料)です。
ぜひ、お気軽にお越しください!

STOP!薬害 守ろう!被験者人権 患者の権利を守るための公開勉強会(第8回)

患者に必要とされながら、患者数が少なく、儲からない、採算が合わないなどの理由で承認申請されない薬があります。このような場合の対処法として、厚生労働省は2つの方策を講じています。一つは、薬事法に基づき、優先的に審査を行う「優先審査(オーファンドラッグその他)」、もう一つは「高度医療制度」です。薬事法に基づき正規の審査を求める前者に対し、後者は「臨床試験に関する倫理指針」に対応することを一つの要件とする薬事法を根拠としない手続きです。
これらは、いったいどのような制度なのでしょうか。「優先審査」と「高度医療制度」について厚生労働省にお話しいただき、患者(被験者)の権利や保険適用と「治験」「臨床試験」の関係や望ましいあり方とは何か考えたいと思います。お気軽にぜひご参加ください!

スピーカー:厚生労働省 医薬食品局・医政局など
日時:2009年3月18日(水)14:00〜16:00→ 15:00-17:00
場所:参議院議員会館 第5会議室
参加:無料(予約不要)
*どなたでもご参加いただけます。
*当日、参議院議員会館ロビーにスタッフが看板と通行証を持って立って
おりますので、お声をおかけください。
問合せ:川田龍平事務所 03-3508-8202
posted by 川田龍平事務所 at 18:07 | TrackBack(0) | 活動

2009年02月24日

盛岡で講演しました!

2月22日(日)「今、若者に伝えたいこと。患者として、教師として、そして国会議員として」というテーマで、岩手の中高生、先生、そして父兄の方にお話させていただきました。盛岡では雪舞うなか、150人ほどの方が来てくださいました。

IMG_0668.jpg
 続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 11:56 | TrackBack(0) | 活動

2009年02月20日

環境・省エネ住宅勉強会

2月19日(木)「環境・省エネ住宅政策を推進する議員連盟」勉強会が開かれ、川田龍平事務所からもスタッフが一人参加しました。
京都議定書で日本が二酸化炭素削減量を2012年までにマイナス6パーセントにするという目標は、2006年時点でプラス5.3パーセントと達成が困難な状況です。今後、まだまだ改善の余地がある建築物のエネルギー消費を考えることは、温室効果ガスを削減するために効果のある手法です。建築物のエネルギー消費は、暖房によるものが高い割合を占めています。欧州では、建築物自体の保温性という観点から二層・三層式の窓や木造の壁といった断熱製品の普及が進んでいますが、日本では機器による局所的な暖房になりがちです。
2009年の4月から2000平米以上の建物に断熱製品設置の義務化がなされますが、台風や地震などが多い日本での断熱製品の普及のために、単に欧州製品の輸入に頼るわけにはいかず、日本の実情に合った製品が望まれ今後の課題になりそうです。
posted by 川田龍平事務所 at 16:16 | TrackBack(0) | 活動

患者の権利を守るための公開勉強会

2月19日(木)
患者の権利を守るための公開勉強会(第7回、川田龍平事務所主催)を開催しました。

IMG_0646.jpg

今回は「卵巣がん体験者の会スマイリー」代表の片木美穂さんより、患者の視点から臨床試験や治験、薬事行政に対するお話を伺いました。

患者のために制定された『がん対策基本法』は、治療や病院についての情報が得やすくなり、病院に相談支援の窓口も設けられましたが、未だ認知度が低く、効果があるとは言えないこと。
海外で承認され、効果と安全性が認められながらも、日本では未承認薬のために使うことができず、被害をこうむっている患者がいること。
病気を治したいという思いが患者をあいまいな認識のまま、臨床試験、治験に向かわせること。
などの患者を取り巻く厳しい状況についてお聞きしました。

川田が現在取り組んでいる『被験者保護法』の立法化は、第三者による患者相談窓口の設置、臨床試験の登録の義務化、審査することで、正しい臨床試験が行われることを意図したものです。
もちろん、法整備だけでは、患者の権利を守ることにはなりません。何よりも成立後の一人ひとりの意識、具体的な行動にかかっています。
これからも、根本的な解決に向けて川田は動いていきます。
posted by 川田龍平事務所 at 14:55 | TrackBack(0) | 活動

2009年02月13日

視察・泡瀬干潟(沖縄県)

川田龍平は、2月5・6日に泡瀬干潟(沖縄県)を視察しました。

CIMG7412.jpg 続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 12:04 | TrackBack(0) | 活動

2009年02月10日

公開勉強会開催!

STOP!薬害 守ろう!被験者人権
患者の権利を守るための公開勉強会(第7回)


2006年に成立した「がん対策基本法」から2年が経ちました。
今改めてがん体験者はどのような状況におかれているのか、卵巣がん体験者の会スマイリーの代表、片木美穂さんに、「がん患者会/アドボカシーグループとして、臨床試験や治験、薬事行政に望むこと」と題してお話を伺います。
被験者の保護や参加の問題、がん対策基本法への評価やさらなる要望、ドラッグラグや薬害に関して思うことなど、患者目線からの医療について分かりやすくお話しいただきます。

どなたでもご参加自由です。この機会にぜひお越しください!


スピーカー:  片木美穂 (卵巣がん体験者の会スマイリー 代表) 
日   時 :   2009年2月19日(木) 10:00〜12:00
場   所 :   参議院議員会館 第6会議室
参 加 費 :   無料
申 込 み :   不要 *当日は参議院議員会館の1階受付にお越しください。
         スタッフが看板を持って立っておりますので、お声かけください。
呼びかけ :   参議院議員川田龍平 03-3508-8202


posted by 川田龍平事務所 at 17:36 | TrackBack(1) | 活動

2009年02月03日

院内集会・辺野古新基地建設の断念を求める

2月3日(火)
川田龍平は、「7・18沖縄県議会決議を尊重し、辺野古新基地建設の断念を求める」
院内集会に参加しました。

CIMG7260.jpg
posted by 川田龍平事務所 at 17:38 | TrackBack(0) | 活動

2009年02月02日

署名提出集会・八ッ場ダム

2月2日(月)
川田龍平は、八ッ場ダム事業の見直しと法整備についての署名提出集会に参加
しました。

CIMG7235.jpg
posted by 川田龍平事務所 at 17:30 | TrackBack(0) | 活動

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。