2009年05月29日

患者の権利を守るための公開勉強会(第10回)

5月28日(木)
患者の権利を守るための公開勉強会(第10回)を主宰しました。

IMG_0896.jpg続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 19:07 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月28日

原爆症認定を巡る集団訴訟の控訴審判決(東京高裁)原告側が勝訴

今日、被爆者援護法に基づく原爆症認定を巡る集団訴訟の控訴審判決が東京高裁であり、原告側が勝訴しました。今回を含め全国の地方裁判所と高等裁判所で18回の判決があり、すべて原告が勝訴することとなり、国会で開かれた報告集会に参加しました。この判決に基づいて被爆者の方々全員が救済されるために、政治解決・全面解決に向け、私もがんばりたいと思います。

IMG_0875.jpg


その後、サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン(S.F.J)が、海や空を放射能で汚す「六カ所再処理工場」の本格稼働の中止を求め、追加署名16,436筆を提出する集会に参加しました。S.F.Jは、サーファーやボディーボーダーの視点から海辺の環境保護活動をしている団体です。
集会では、サーファーの健康に対する被害の可能性、海産物の放射能汚染の影響や海流調査について、関係各省からヒアリングを受けました。今回、大切な海を未来の子どもたちに残すため、「母なる海は母が守ろう」と女性のサーファーの方々が中心となりました。六ヶ所再処理工場の稼働中止を求め、全国各地からも集まったサーファーたちが強く訴えました。

IMG_0890.jpg

本日開催した患者の権利を守るための公開勉強会については、明日詳細を掲載したいと思います。
posted by 川田龍平事務所 at 18:34 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月27日

原爆症認定集団訴訟原告団 座り込み

5月27日(水)

原爆症認定集団訴訟の全面解決に向け、被害者や支援者、弁護団の方々が、厚労省前にて座り込みをしています。川田龍平も厚労省前に駆けつけ、「解決に向けて私も訴えていきたい。一緒にがんばりたい」と伝えました。

IMG_0841.jpg

IMG_0847.jpg

明日5月28日(木)は、国が訴訟解決に向けた政治決断を行うかどうかに重要な影響を与える東京高裁の日です。
posted by 川田龍平事務所 at 16:09 | TrackBack(0) | 活動

本日の本会議

本日5月27日の本会議は、決議案1本の採決と法案4本の採決、そして海賊行為処罰対処法案の趣旨説明と質疑がありました。

【決議案】
・北朝鮮核実験抗議決議
採決:全会一致可決
内容:北朝鮮が核実験を強行したことに対し、すべての核を放棄し、朝鮮半島の非核化を北朝鮮に求め、また国際社会と連携し積極的な外交を日本政府が推進すべきだと考え、賛成しました。

【法案】
1.特定先端大型研究施設の共用促進法の改正法案
採決結果:全会一致可決
賛成理由:科学技術研究の基盤強化を図るため、独立行政法人日本原子力研究開発機構の特定中性子線施設の共用を進める今回の改正に対して、「平和国家の立場を踏まえ、科学技術の適切な発展と国際平和に資するように政府が努める」という附帯決議も衆参で付されたため、賛成しました。

2.まちづくり支援強化法案:都市再生特別措置及び都市開発資金貸付法改の正法案
採決結果:全会一致可決
賛成理由:地域の住民、企業やNPOによるまちづくり事業や活動の支援を強化するための改正であることから、賛成しました。

3.防衛省設置法の改正法案
採決結果:可決 賛成220票/反対14票(共産・社民・糸数議員・川田)
反対理由:隊員の人材強化と言いながら、自衛官を定員外の職員にすることには問題があると考え、さらに、そもそも不祥事を隠蔽するような体質の改善がなされないままの改正であるために、反対しました。

4.自然公園法及び自然環境保全法の改正法案
採決:全会一致可決
賛成理由:生物の多様性の確保が目的に追加され、海域の保全や生態系の維持回復を促す改正であることから、賛成しました。
posted by 川田龍平事務所 at 14:52 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月26日

環境委員会で質問しました

5月26日(火)
環境委員会で質問しました。

IMG_0821.jpg続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 15:42 | TrackBack(0) | 本会議

2009年05月25日

『私が私であるために‐いきるというコト‐』シンポジウム

5月24日(日)
障害者の自立援助活動を続けている「全国自立生活センター協議会」(JIL)主催のシンポジウム『私が私であるために‐いきるというコト‐』に参加しました。

IMG_0783.jpg続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 18:30 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月22日

「土地利用、生物多様性」勉強会

5月22日(金)
GLOBE JAPAN主催の勉強会に参加しました。

IMG_0772.jpg続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 18:49 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月21日

【お知らせ】環境委員会で質問します!

来週、環境委員会が開かれます!

【次回環境委員会のお知らせ】

次回の環境委員会が決まりました。 

ぜひ、傍聴にお越しください!

案件:自然公園法及び自然環境保全法の一部をを改正する法律案

環境委員会:5月26日(火)10:00−13:00

*川田龍平の質問時間:12:40−13:00(20分)

*質問時間は多少前後する場合があります。

(注意)傍聴できる人数には制限がかかることもありますので、事前にお電話くださいませ。電話:03-3508-8202(川田龍平事務所)
posted by 川田龍平事務所 at 15:38 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月20日

気候変動法に関するシンポジウム

5月20日(水)
英国大使館で開催された、FoE Japan主催の気候変動法に関するシンポジウムに参加しました。

IMG_0707.jpg続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 17:25 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月19日

明日から補正予算の審議スタート(参議院)!

明日から参議院でも、戦後最大規模約14兆円に上る補正予算の審議が始まります。新設の30基金を含む46の基金への4兆円の交付や公共事業発注の大幅前倒しなどが、丸投げ、バラマキと批判されています。内閣府の試算では、2009年度の実質成長率を3%押し上げる経済効果があるそうです。先行きは不透明なものの、景気の悪化に歯止めがかかったとの見方も出ていますが、雇用状況はまだまだ厳しい状況から光さえ見えません。今朝も、知人が年末に解雇され、求職中だが就職先が見つからないと連絡が入りました。補正予算は、参議院に送られた後30日までに参議院が議決しなければ、衆議院の議決が国会の議決となります。戦後最大規模の補正予算が執行されれば、いくらかの景気底上げ効果はあるとは思います。しかし、今回の補正予算が選挙前の飴であることはみなさん、ご承知のとおりです。総選挙後には、大増税が来ることになるでしょう。
ひとり一人の国民まで実感できる、社会の安心や安全が実感できる補正予算とするためには、それぞれの委員会でも委嘱審査の場を設けて、補正予算の審議し、将来に希望を持てる補正予算にするべきだと思います。会期延長の理由を与えないために、早期採決との報道もありますが、良識の府参議院としての姿勢が問われています。
posted by 川田龍平事務所 at 16:35 | TrackBack(1) | 活動

2009年05月18日

東京都学芸大学で「話す会」を開催しました。

5月16日(土)東京学芸大学の環境教育実践施設で、大学生をはじめとした20代の皆さんと「話す会」を行いました。

IMG_0669.jpg続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 18:27 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月15日

原爆症認定訴訟 大阪高裁判決報告集会

5月15日(金)
原爆症認定集団訴訟の全面解決にむけた院内集会に参加しました。

CIMG7758.jpg 続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 17:42 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月14日

公文書管理院内集会

5月14日(木)
「市民のための公文書管理−国会審議に向けて」院内集会に参加しました。

CIMG7758.jpg
 続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 18:13 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月13日

本会議

5月13日(水)
今日の参議院本会議でグアム移転協定が不承認となり、両院協議会が開かれましたが、協議はまとまらず、衆議院の議決が国会の議決となりました。一方、衆議院では与党が委員長の職権で本会議をたて、過去最大規模といわれる補正予算が強行採決されようとしています。補正予算は参議院で不承認の場合、受領後30日後には衆議院の議決が国会の議決となります。一方、関連法案は衆議院再議決が可能となるまでには60日を要するので、6月3日までの今国会は7月中旬まで会期延長の可能性が出てきました。海賊行為対処法案審議や民主党の代表選も控えるなか、与野党の対立が深まっています。公文書管理法案や水俣病法案、臓器移植法案、入国管理法案など重要な法案が、対立の陰で議論なく進むことがないように、しっかりと一つ一つの法案を丁寧に考えたいと思います。
posted by 川田龍平事務所 at 18:19 | TrackBack(0) | 本会議

2009年05月12日

泡瀬干潟埋立工事 「保留」

4月17日の『琉球新報』記事に、泡瀬埋め立て・しゅんせつ工事「保留」、総合事務局「不確定な要素」 の記事が掲載されました。

「中城湾港泡瀬沖合埋め立て(東部海浜開発)事業で事業主体の沖縄総合事務局は、2009年度に予定する土地造成にかかわる中城港湾新港地区の航路しゅんせつ工事について、開始時期など日程を未定とし、事実上、工事を保留していることが16日分かった。工事が予算化されている中で工期日程が未定なのは異例。泡瀬埋め立て事業をめぐる訴訟の控訴審を控え、総合事務局の慎重姿勢が浮き彫りとなった。」(『琉球新報』4月17日)

現在泡瀬干潟では、那覇地方裁判所が埋め立て事業への公金支出の差し止めを命じたにも関わらず埋め立て事業が強行され、その結果干潟の貴重な生物やサンゴが生き埋めにされています。16日に判明したこの事実上の工事「保留」は、那覇地裁勝訴判決と、泡瀬の自然環境を守り、いのちを次世代へつなげていこうと闘ってきた市民の力によるものが大きいと思います。

「泡瀬干潟を守る連絡会」によると、「沖縄市が市民委員で作った『東部海浜開発土地利用計画見直し部会』が発表する6月の中間報告や11月の最終報告」が今後の動きの「重要な鍵」となるそうです。

泡瀬干潟を守る連絡会↓
http://www.awase.net/
posted by 川田龍平事務所 at 15:52 | TrackBack(0) | 活動

2009年05月11日

お知らせ

ぜひご参加ください。

『区政・国政
   なんでもかんでもおしゃべり会』

時 間: 6月7日(日)13:30-16:00
場 所: 中野区消費者センター 5F
      中野区中野5−4−7
     *早稲田通り沿い大妻中野中高前     

区政報告:むとう有子
国政報告:川田 龍平

posted by 川田龍平事務所 at 17:57 | TrackBack(0) | 活動

公開勉強会を開催します

公開勉強会を開催します
STOP!薬害 守ろう!被験者人権 患者の権利を守るための公開勉強会(第10回)


今回の勉強会では、患者・被験者の権利擁護のあり方について、光石忠敬氏からじっくりお話をうかがいます。
ぜひお気軽にご参加ください。

【光石忠敬氏 プロフィール】
東京大学法学部卒 弁護士(第二東京弁護士会所属)。
光石法律特許事務所、日本弁護士連合会人権擁護委員会(特別委嘱)委員、日本医事法学会会員、臨時脳死及び臓器移植調査会参与,医薬品安全性確保対策検討会委員、公衆衛生審議会専門委員、中央薬事審議会(GCP 特別部会)臨時委員、虎ノ門病院研究委員会・ヒトゲノム遺伝子解析研究委員会委員、東京都精神医療審査会委員、ハンセン病問題検証会議委員、骨髄移植推進財団遺伝情報開示審査会委員、日本臍帯血バンクネットワーク倫理委員会委員などを務めてきている。医学雑誌「臨床評価」発刊(1972年)以来の編集委員。         

スピーカー: 光石忠敬氏
日   時: 2009年5月28日(木) 16:00-18:00
場   所: 参議院議員会館 第6会議室
参 加 料: 無料
申 込 み: 不要 
*参議院議員会館のロビーにスタッフが看板を持って立っていますので、お声をおかけください。どなたでもご参加いただけます!
posted by 川田龍平事務所 at 17:47 | TrackBack(0) | 活動

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。