2009年07月30日

国際連帯税推進協議会

「国際連帯税推進協議会」が主催する「第4回国際連帯税推進協議会」に参加しました。

IMG_1499.jpg  続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 17:24 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月24日

川田龍平 活動ニュースのお知らせ

川田龍平事務所では、年4回、紙媒体でのニュース発行とともに、
月1回のFAXニュース、週1回のメールマガジンなどで情報を発信
しています。

ご関心のある方は、ぜひ、川田龍平を応援する会までご連絡ください!

office@ryuheikawada.jp
電話:03-3508-8202(川田龍平事務所内)

img-724174043-0001.jpg
川田龍平 活動ニュース(年4回発行)
posted by 川田龍平事務所 at 17:53 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月17日

アイヌ民族の権利確立を考える議員の会

7月16日(木)
「アイヌ民族の権利確立を考える議員の会」の会合に参加しました。

IMG_1461.jpg  続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 15:35 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月15日

参議院で問責決議が可決!

7月14日(火)

衆議院で「内閣総理大臣麻生太郎君不信任決議」が賛成139票・反対333票で否決された後、参議院で問責決議が賛成132票反対106票で可決しました。都議選惨敗を受け、更に問責決議可決による野党から追い込まれた解散イメージを避けるために解散・総選挙日予告をせざるを得なかった、麻生総理と追い風イメージを強調したい民主党が描いたシナリオ通りです。問責決議には賛成しましたが、釈然としません。
水俣病救済特措法もそうでしたが、解散総選挙をめぐる政局により、臓器移植法改正案が十分な審議時間が確保されず、不十分な内容で採決に至ってしまったことは、本当に残念でなりません。
 「脳死は一律に人の死」ではありません。移植を待つ患者や家族と同様、臓器提供・拒否者と家族の立場、すべてのいのちが尊重されるため、「臓器移植に関わる脳死以外は人の死ではない」という改正案提案者の答弁を守らせ、今後もしっかり運用を注視していきます。子どもの 脳死臨調設置法案で提示した生体移植や子どもの臓器移植に関する判定基準や虐待児への対策、また臓器提供者の家族へのケアなど課題に対して、さらなる改正案を準備していきたいと思います。
posted by 川田龍平事務所 at 17:32 | TrackBack(0) | 本会議

2009年07月10日

本日の本会議

7月10日(金)

・日・ブルネイ租税協定
・日・カザフスタン租税協定
 二重課税の回避と両国の投資交流を促進させる協定のため、賛成しました。

・クラスター弾の製造禁止及び所持規制法案
 クラスター弾条約の実施を確保するための法案のため、賛成しました。
・経済連携協定に基づく特定原産地証明書の波及法改正法案
 日本とスイスの経済連携協定(協定の承認には賛成しました。)の実施を確保するための輸入者自ら作成する原産地証明制度を追加するための改正のため、賛成しました。

 本会議では、臓器移植法案の厚生労働委員会審議の中間報告があり、脳死を一律人の死とする改正A案に対する修正案の趣旨説明と討論が行われました。
ようやく昨日の厚労委員会の審議で議論が深まり始めたばかりにもかかわらず、審議を打ち切り、本会議での中間報告となりました。
 月曜日の午後の本会議で採決に臨むことになります。審議し尽くしたと思えないなかでの採決には反対ですが、もう時間がありません。脳死を一律人の死とする改正にならないように本会議後も会館内を走り回りました。まだ決めかねている国会議員もたくさんおられました。最後まであきらめずに一人一人説得に動きます。みなさんもお知り合いの議員さんがおられましたら、働きかけをお願いします。
posted by 川田龍平事務所 at 19:19 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月08日

本日の本会議

7月8日(水)本日の本会議 採決

・住民基本台帳法改正法案
・出入国管理難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本国籍を離脱した人の出入国管理特例法改正法案
 外国人の在留管理を行うため法務大臣が個人情報を継続的に把握するなど外国人の在留管理を一元的に強化し、監視を強化する改正のため、反対しました。

・日・ウズベキスタン投資協定 
・日・ペルー投資協定
 当該国への投資財産を保護することなどの協定のため、賛成しました。

・日・スペイン社会保証協定
 年金制度の二重加入や保険料掛け捨て問題を解消するための協定のため、賛成しました。

・日・イタリア社会保障協定
 年金制度の二重加入問題解消のための協定のため、賛成しました。

・商店街活性化の地域住民の需要に応じた事業活動促進法案
 衰退が著しい商店街活性化のための法案のため、賛成しました。

・水俣病被害者救済特別措置法案
 チッソ分社化、すべての被害者の救済に結び付くとは考えられないため、反対しました。

・海岸漂着物処理推進法案
 地方自治体や事業者も含め一体的な漂着物対策を進めるための法案のため、賛成しました。
posted by 川田龍平事務所 at 17:16 | TrackBack(0) | 本会議

2009年07月07日

厚生労働委員会で質問しました!

7月7日(火)
厚生労働委員会で臓器移植法について質問しました。

IMG_1357.jpg  続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 18:12 | TrackBack(0) | 委員会

本日の環境委員会

7月7日(火)
環境委員会で質問しました。

IMG_1306.jpg  続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 18:04 | TrackBack(0) | 委員会

2009年07月06日

厚生労働委員会で発言します。

明日、7日(火)の厚生労働委員会で川田龍平は発言します。 

ぜひ、傍聴にお越しください!

案件:
1.臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案
2.子どもに係る脳死及び臓器の移植に関する検討等その他適正な移植医療の確保のための検討及び検証等に関する法律案

厚生労働委員会:7月7日(火)10:00−17:00

*川田龍平の発言時間:16:40−17:00

*発言時間は多少前後する場合があります。

傍聴をご希望の方やお問い合わせは、電話:03-3508-8202(川田龍平事務所)までご連絡くださいませ。

posted by 川田龍平事務所 at 12:17 | TrackBack(0) | 委員会

2009年07月03日

次回環境委員会のお知らせ

来週、環境委員会が開かれます!

【次回環境委員会のお知らせ】
次回の環境委員会が決まりました。 

ぜひ、傍聴にお越しください!

案件:環境及び公害問題に関する調査

環境委員会:7月7日(火)10:00−12:40

*川田龍平の質問時間:12:15−12:40

*質問時間は多少前後する場合があります。

傍聴をご希望の方やお問い合わせは、電話:03-3508-8202(川田龍平事務所)
posted by 川田龍平事務所 at 17:03 | TrackBack(0) | 委員会

本日の本会議

7月3日(金)本日の本会議【賛否】

・日本・香港刑事共助協定
香港との間で、捜査、訴追その他の刑事手続共助などについて定めた法案。昨年の日中刑事共助協定に賛成し、今回も特に問題なしと考え、賛成しました。

・日本・中国領事協定
日中両国が相手国の国民を逮捕した場合に相手国領事館への通報を全件義務化することや領事機関の不可侵権を強化すことなど領事業務を効率化する協定のため、賛成しました。

・IMF(国際通貨基金)協定の改正
加盟各国に配分される基本票の増加、理事代理の増員や投資権限を拡大させる改正。票を拡充するよりも、IMFの役割自体を見直すべきと考え、反対しました。

・IBRD(国際復興開発銀行)協定の改正
加盟各国に配分される基本票を増加させる改正。途上国の発言力強化には不十分だと考え、反対しました。

・沖縄科学技術大学院大学学園法
沖縄の発展に寄与することを願い、賛成しました。

・北方領土問題解決促進特措法改正案
一歩でも進むべきだと考え、賛成しました。

・商品取引所法及び商品投資事業規制法改正案
先物取引は投機性が高いため、一般消費者は十分に保護されるべきだと考え、反対しました。

・国立国会図書館法改正案
国、独立行政法人、国公立大学、地方公共団体や地方公社などの情報を国会図書館が収集し、利用者に提供する改正案。国会の機能を強化すると考え、賛成しました。
posted by 川田龍平事務所 at 14:12 | TrackBack(0) | 本会議

2009年07月01日

本日の本会議

7月1日(水) 参議院本会議の賛否

1.2007年度決算他3件

当年度予算は、雇用対策費の半減や生活保護の母子加算の廃止という弱者切り捨て、家計への負担転嫁、企業減税など特に大企業優遇と批判された。これらの点について何ら反省もなく、政府の姿勢に対する懸念が高まったこと、さらに決算検査報告での不当事項、処置要求事項や改善処置事項が過去最高となる981件1,253億円余りも指摘されたことから反対。政府へ警告した決議についても賛成しました。

2.2007年度国有財産増減及び現在額総計算書

郵政民営化ありきで現物出資総額8兆387億円のうち7兆7,038億円もの日本郵政株式会社への政府出資を認めたこと、64兆円もの特殊法人や独立行政法人等に対する出資について不透明な部分があること、さらに2,000億円以上が防衛関係の施設や自衛隊の戦艦・航空機の新造や購入に充てられていることから反対しました。

3.2007年度国有財産無償貸付状況総計算書

公園整備など自治体への貸付が中心であり、特別な問題がないと考え、賛成しました。

4.特定船舶入港禁止特措法に基づく、特定船舶の入港禁止の期間延長

北朝鮮を外交的な枠組みのなかに取り込む必要がありますが、先日のミサイル発射や地下核実験の強行などの現状を踏まえて賛成しました。

5.エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進法案+石油代替エネルギー開発導入促進法改正法案

原子力発電を推進する懸念があることから、反対しました。

6.保健師助産師看護師法及び看護師の人材確保促進法改正法案

保健師、助産師、看護師の確保のための受験資格の改正や研修を義務付けることは必要だと考え、賛成しました。

7.青少年総合対策推進法案

ニートや引きこもりという社会生活を過ごすことが難しい状況にある子どもや若者を支援する法案のため、賛成しました。
posted by 川田龍平事務所 at 13:27 | TrackBack(0) | 活動

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。