2008年08月20日

泡瀬干潟の埋立中止を求める

8月19日(火)
川田龍平は、「小橋川共男・救え沖縄・泡瀬干潟とサンゴ礁の海・写真展」
に行きました。

CIMG5812.JPG

CIMG5804.JPG

(以下、パンフレットより)
国(沖縄総合事務局)と沖縄県の約650億円の埋め立て事業(187ha)
です。しかし典型的な「ムダ」な公共事業です。国が航路掘削の土砂捨て場
として利用し、貴重なサンゴ礁群落や生き物たちを埋め殺すだけの計画です。
地元、沖縄市が埋め立て地にホテルやマリーナや人工ビーチなどを計画。
しかし、立地希望するホテルは無く実現性はゼロ。件のお目付役の外部監査
人もこの埋め立て事業計画の見直しを報告しましたが、県は無視して工事を
続行しています。地元の沖縄市民への各種アンケートでも埋め立て反対が
圧倒的多数です。

「泡瀬干潟を守る連絡会」はこちら↓
http://www.awase.net/


川田龍平はさらに調査を進め、環境委員会で質問していく予定です。
posted by 川田龍平事務所 at 17:31 | TrackBack(0) | 活動
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105057638
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。