2008年11月18日

「身近な地域で、安心して産める場所がほしい!」

11月18日(火)
川田龍平は、「お産といのちの全国ネット」の方々のお話を伺い、請願書を提出
ました。現在、出産に関して医者不足や病院間の連携不足などが問題とされてい
ますが、岩手などでは東京23区より広い地域で医者がいない状況だそうです。
また、厚生労働省では医政局の中だけで「お産」の話がされており、そもそも
お産をめぐる環境についての議論がされていないことに問題があります。
川田龍平は「産婦人科ではないところで産む環境をつくる必要があり、
安全に安心して自然分娩できないところに問題があると思います」と答えました。
安心して産める仕組みや機能する仕組みをつくるために、こうした皆さんの声を
訴え続けます。


お産といのちの全国ネット↓
http://www7b.biglobe.ne.jp/~osantoinochi/
posted by 川田龍平事務所 at 15:29 | TrackBack(0) | 活動
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109848480
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。