2008年11月25日

高尾山のトンネル工事に反対!

11月21日(金)
東京都八王子市の高尾山では、圏央道トンネルを工事が進んでいます。トンネル工事の反対運動を行っている「エコアクション虔十ケンジュウの会」が中心となり、「TAKAO和居和居(ワイワイ)デッキ」がつくられ、川田龍平も今年の4月には視察に訪れました。しかし、19日(水)、行政によりそのデッキが強制撤去されてしまいました。

CIMG6543.JPG

21日(金)、インドからガンディーの非暴力の流れを受けついだ自然保護活動のリーダー、ベグデさんが来日され、高尾山の視察と励ましに来られました。ベグデさんは、25年間に渡ってインドの民衆をリードし、木に抱きついて森や川や生態系を守る「アッピコ運動」を展開してきた方です。川田龍平は駆けつけることはできませんでしたが、反対運動を進める市民の方々に秘書がメッセージを届けました。

CIMG6548.JPG
立っている男性がベグデさんです!

【川田龍平 メッセージ】

高尾山にトンネルを掘らせないために抗議行動をされている皆さんへ

圏央道の建設に伴う高尾山の自然破壊を許さない、粘り強い皆さんの取組みに心より敬意を表します。
私は、今年の四月三日に高尾山を視察し、さらに四月八日の環境委員会の質問では高尾山の自然破壊問題に関して取り上げました。しかし、委員会で環境省は、現場の水漏れや沢枯れなどずさんなトンネル工事に対する責任を東京都に丸投げしました。私は、この無責任さにも和居和居デッキの強制収容にも強い憤りを感じております。
人間が「開発」の名の下に、共存すべき生き物たちの命を奪い続けてきたツケが、人間自身にも降りかかってきています。立ち止まるのは今しかないと思っております。引き続き国会の場で、皆さんと連携していきたいと思います。一緒にトンネル工事を止めましょう。

二〇〇八年一一月二一日
参議院議員 川田龍平

posted by 川田龍平事務所 at 15:55 | TrackBack(0) | 活動
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110173180
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。