2008年12月16日

労働者派遣法の抜本的改正を求めるシンポジウム

12月15日(月)
川田龍平は、「松下PDP偽装請負事件大阪高裁判決を確定させ、厚労省に真の意味での労働者派遣法の抜本的改正を求めるシンポジウム」に参加しました。シンポジウムを主催した吉岡力(よしおかつとむ)さんは、松下PDP工場で働いた自らのケースを内部告発し、違法な「偽装請負」を訴え、今年の4月25日大阪高裁判決にて全面勝訴を勝ち取りました。

吉岡さんを松下電器の職場に戻し、人権侵害・不当な雇い止めをなくす会↓
http://www.yoshiokakai.org/

026.jpg
大勢の方々がシンポジウムに参加

016.jpg
posted by 川田龍平事務所 at 10:39 | TrackBack(0) | 活動
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111306272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。