2009年03月16日

小学生に講演しました

CIMG7624.jpg

3月15日(日)
卒業を前にした小学校6年生の子供たちとその保護者の方々に、いのちについて講演させていただきました。
自らがHIVに感染した理由と国に対して裁判を起こした経緯を語り、薬害の悲惨さと国の責任について訴えました。さらに、薬害だけでなく性行為や出産でもHIVに感染することがあることを説明し、感染拡大を防ぐには知ることが大切であること伝えました。最後に、いのちの大切さを子供たちに伝えるには学校での性教育が大切であり、いのちが大切にされる社会をつくる必要があると訴えました。
posted by 川田龍平事務所 at 16:47 | TrackBack(0) | 活動
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115741044
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。