2009年06月03日

本日の本会議

今日、6月3日の本会議は、2本の法案の採決がありました。

1. 厚生年金保険の保険給付及び保険料の納付の特例法の改正法案
(民主、社民と国民新党共同提出)
別名「年金記録回復促進法案」。年金記録の回復をできるだけ速やかに行い、記録を失った方の救済を少しでも進めるという趣旨に賛同し、賛成しました。

2. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の改正法(内閣提出)
今改正法案は、課徴金制度の見直しや罰則の引き上げなどを内容としています。改正法案が成立すると、公正取引委員会が独立して紛争を解決する審判制度の見直しが始まります。審判制度は、経済実態を踏まえた専門的見地からの審査が必要だからこそ設けられた制度です。 経済団体は審判制度の見直しを求め裁判所への直接訴訟の実現を強く訴えています。しかし、審判制度の見直しが、公正取引委員会の独立性強化や違反行為の抑制には結び付くとは考えられません。それゆえ反対しました。

衆議院の与党によって国会延長が決められると、以前は参議院の動きは止まったそうです。今回のように、すぐに参議院本会議が開かれ、法案が成立するということは珍しいことだそうです。今国会に提出されている法案が「スルスル」と通らないよう注意が必要だと思います。
posted by 川田龍平事務所 at 16:27 | TrackBack(0) | 本会議

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。