2009年06月18日

アウンサンスーチーさんへの「64メッセージ」↓

64歳を迎えるアウンサンスーチーさんへの川田龍平のメッセージが発信されて
います。ぜひご覧ください!

アウンサンスーチーさんへの「64メッセージ」↓
http://www.burmainfo.org/article/article.php?mode=1&articleid=485


【アウンサンスーチー氏】

 1945年ビルマ、ラング−ン生まれ。「ビルマ独立の父」アウンサン将軍の娘。60年母キン・チ−のインド大使着任に伴いインドへ。高校卒業後一時ニュ−デリ−のレディ・シュリ・ラム・カレッジに在籍した後、イギリスへ渡りオックスフォ−ド大学に進む。大学卒業後69年から71年までニュ−ヨ−クの国連本部で働く。72年ヒマラヤ文化研究家で、大学時代の知己、マイケル・アリスと結婚する。結婚後はブ−タン、ネパ−ルにも滞在。73年に長男アレクサンダ−、77年次男キムが誕生。85年から86年にかけては京都大学東南アジア研究所の客員研究員として日本に滞在。
 88年3月母の看病のため、民主化運動の燃え盛るビルマへ帰国。 7月20日国営新聞は前日におこなわれた政府主催のアウンサン将軍追悼式に参加したアウンサンスーチーの写真を大きく掲載した。「建国の父」の娘として伝説的ですらあった彼女がビルマに戻っていることを知った民衆は、民主化運動への合流をアウンサンスーチーに要請、 8月26日シュエダゴンパゴタで約50万人の民衆を前に初めて政治的な演説を行う。 9月27日、「国民民主連盟」(National League for Democracy)を結成。90年5月総選挙でNLDは80%を越える議席を獲得したが、軍事政権はこの結果を無視し、現在も国会を開催していない。
 91年にノ−ベル平和賞を受賞。しかし1989年から国家防御法により自宅軟禁を受けていたため授賞式に出席できなかった。一時の中断を経て、現在も移動や外部との接触禁止など実質的軟禁状態が続く、激しい弾圧の下におかれている。

【ビルマ(ミャンマー)の状況】
ビルマ(ミャンマー)では、1990年に行われた総選挙で民主化勢力が圧倒的多数(議席の81%)を獲得したのにもかかわらず軍事政権が政権を譲らず、今も恐怖政治が続いています。2100人を超える政治囚、組織的な人権侵害、紛争地帯での少数民族住民に対する「人道に対する罪」など深刻な問題を抱え、国連総会からも毎年非難決議を受けています。
民主化リーダーで、ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーさんは、ビルマ国民に絶大な人気がありますが、過去19年のうち13年以上もの間を自宅軟禁下におかれてきました。その拘束期限がやっと切れた今、不当な起訴によりさらに拘束期間が延期されようとしています。

「ビルマ情報ネットワーク」より↓
http://www.burmainfo.org


posted by 川田龍平事務所 at 13:04 | TrackBack(0) | 活動

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。