2009年07月17日

アイヌ民族の権利確立を考える議員の会

7月16日(木)
「アイヌ民族の権利確立を考える議員の会」の会合に参加しました。

IMG_1461.jpg昨年6月6日「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が採択されました。その後、「アイヌ政策のあり方を考える有権者懇談会」が発足し、政府への提言が取りまとめられてきました。

本日の会合では、有識者懇談会における議論についての報告後、高橋はるみ北海道知事や北海道アイヌ協会が要請を行いました。その中で、アイヌ民族を日本の先住民族として認めることなどを盛り込んだ法律の制定はもちろんのこと、早急に取り組むべき施策として、「学校教育などを通した国民理解の促進」や「生活の向上を図るための全国調査」「文化復興施策の充実」などが強く要望されました。

川田龍平は、「立法化に向け、『理念法』ではなく、実態にそくした法律をつくるためにも全国調査の実施を必ずしてください」と政府(内閣府・厚生労働省)に要望しました。
posted by 川田龍平事務所 at 15:35 | TrackBack(0) | 活動
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123693984
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。