2008年01月23日

映画「ビルマ・パゴダの影で」

アイリーヌ・マーティー監督
「ビルマ・パゴダの影で」(渋谷アップリンク、試写会)を川田龍平は見ました。

「ビルマ・パゴダの影で」公式サイト↓
http://www.uplink.co.jp/burma/

img-130151957-0001.jpg

【感想】
今までほとんど伝えられてこなかった少数民族への弾圧の実態を潜入したカメラが
とらえていました。まずはこの現実を見ることが出発点だと思います。日本を含む
外国政府や企業が武器供与や石油利権などの形でビルマの軍事政権を支えています。
弾圧への加担をやめさせなければならないと思います。両親をビルマ政府軍に
殺された少数民族の子どもが、「大きくなって復讐したい」と話しているシーンが
衝撃的で、世界がそこまで追い込んでいるのであり、憎しみの連鎖は断ち切らなけれ
ばならないと思いました。ビルマ民主化のために更に働きたいと改めて思いました。
 
posted by 川田龍平事務所 at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80209838
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。