2009年08月27日

ブログ移行します!

HPのリニューアルに伴い、ブログも新規移転させて頂きます。

新しいブログのページ↓
http://ryuheikawada.jp/blog/activity_report/index.html

今後もさらに情報を発信してまいりますので、よろしくお願いします。
posted by 川田龍平事務所 at 09:27 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月30日

国際連帯税推進協議会

「国際連帯税推進協議会」が主催する「第4回国際連帯税推進協議会」に参加しました。

IMG_1499.jpg  続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 17:24 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月24日

川田龍平 活動ニュースのお知らせ

川田龍平事務所では、年4回、紙媒体でのニュース発行とともに、
月1回のFAXニュース、週1回のメールマガジンなどで情報を発信
しています。

ご関心のある方は、ぜひ、川田龍平を応援する会までご連絡ください!

office@ryuheikawada.jp
電話:03-3508-8202(川田龍平事務所内)

img-724174043-0001.jpg
川田龍平 活動ニュース(年4回発行)
posted by 川田龍平事務所 at 17:53 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月17日

アイヌ民族の権利確立を考える議員の会

7月16日(木)
「アイヌ民族の権利確立を考える議員の会」の会合に参加しました。

IMG_1461.jpg  続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 15:35 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月10日

本日の本会議

7月10日(金)

・日・ブルネイ租税協定
・日・カザフスタン租税協定
 二重課税の回避と両国の投資交流を促進させる協定のため、賛成しました。

・クラスター弾の製造禁止及び所持規制法案
 クラスター弾条約の実施を確保するための法案のため、賛成しました。
・経済連携協定に基づく特定原産地証明書の波及法改正法案
 日本とスイスの経済連携協定(協定の承認には賛成しました。)の実施を確保するための輸入者自ら作成する原産地証明制度を追加するための改正のため、賛成しました。

 本会議では、臓器移植法案の厚生労働委員会審議の中間報告があり、脳死を一律人の死とする改正A案に対する修正案の趣旨説明と討論が行われました。
ようやく昨日の厚労委員会の審議で議論が深まり始めたばかりにもかかわらず、審議を打ち切り、本会議での中間報告となりました。
 月曜日の午後の本会議で採決に臨むことになります。審議し尽くしたと思えないなかでの採決には反対ですが、もう時間がありません。脳死を一律人の死とする改正にならないように本会議後も会館内を走り回りました。まだ決めかねている国会議員もたくさんおられました。最後まであきらめずに一人一人説得に動きます。みなさんもお知り合いの議員さんがおられましたら、働きかけをお願いします。
posted by 川田龍平事務所 at 19:19 | TrackBack(0) | 活動

2009年07月01日

本日の本会議

7月1日(水) 参議院本会議の賛否

1.2007年度決算他3件

当年度予算は、雇用対策費の半減や生活保護の母子加算の廃止という弱者切り捨て、家計への負担転嫁、企業減税など特に大企業優遇と批判された。これらの点について何ら反省もなく、政府の姿勢に対する懸念が高まったこと、さらに決算検査報告での不当事項、処置要求事項や改善処置事項が過去最高となる981件1,253億円余りも指摘されたことから反対。政府へ警告した決議についても賛成しました。

2.2007年度国有財産増減及び現在額総計算書

郵政民営化ありきで現物出資総額8兆387億円のうち7兆7,038億円もの日本郵政株式会社への政府出資を認めたこと、64兆円もの特殊法人や独立行政法人等に対する出資について不透明な部分があること、さらに2,000億円以上が防衛関係の施設や自衛隊の戦艦・航空機の新造や購入に充てられていることから反対しました。

3.2007年度国有財産無償貸付状況総計算書

公園整備など自治体への貸付が中心であり、特別な問題がないと考え、賛成しました。

4.特定船舶入港禁止特措法に基づく、特定船舶の入港禁止の期間延長

北朝鮮を外交的な枠組みのなかに取り込む必要がありますが、先日のミサイル発射や地下核実験の強行などの現状を踏まえて賛成しました。

5.エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進法案+石油代替エネルギー開発導入促進法改正法案

原子力発電を推進する懸念があることから、反対しました。

6.保健師助産師看護師法及び看護師の人材確保促進法改正法案

保健師、助産師、看護師の確保のための受験資格の改正や研修を義務付けることは必要だと考え、賛成しました。

7.青少年総合対策推進法案

ニートや引きこもりという社会生活を過ごすことが難しい状況にある子どもや若者を支援する法案のため、賛成しました。
posted by 川田龍平事務所 at 13:27 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月30日

「チッソ分社化」の阻止するために

患者を置き去りにした「水俣病被害者救済特措法」が動き出しました。チッソ分社化は、水俣病の歴史をなきものにし、水俣病を闇に葬り去ろうとする暴挙としか見えません。今年、視察で訪れた「ほっとはうす」(胎児性水俣病患者などの障がいを持つ方々の共同作業所)の皆さんや患者の高齢の親たちが、「チッソ分社化」の阻止を民主党に求めるために、参議院会館に来られました。

IMG_1178.jpg

  続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 17:39 | TrackBack(1) | 活動

2009年06月25日

本会議で登壇します!

明日6月26日(金)朝10時、参議院での「臓器移植法」審議に向けE案の提案に際し、川田龍平が本会議にて趣旨説明に登壇します!

先週6月18日(金)、「一律に脳死を人の死」とする臓器移植法改正案(A案)が衆議院を通過し、審議の場は参議院に移りました。
川田龍平は、民主党の千葉景子議員、岡崎トミ子議員、森ゆうこ議員や社民党の近藤正道議員、共産党の小池晃議員、国民新党の亀井亜紀子議員らとともに対案(E案)を提出しました。このE案には提案者9人を含む、全参議院議員の2割を超す52人が賛意を示しています。引き続き、臓器移植に関する慎重な審議を求めて、「一律に脳死を人の死」とする臓器移植法改正案(A案)の成立を阻止すべく活動いたします。
E案の提出に際し、6月26日(金)の本会議において趣旨説明をすることになりました。日頃よりご支援いただいている皆さまに、ご報告させていただきます。
院内にはA案を支持する声も聞かれますが、E案成立に向け、今後は各議員の方々と個々に直接論議する予定です。

━━━━━━━━━━━━━━
■ 本会議の傍聴をご希望の方
━━━━━━━━━━━━━━
参議院の本会議は傍聴することができます。傍聴を希望する方は、本会議開会当日、傍聴受付窓口(参議院別館議員面会所内)までお越しください。開会時刻の30分前から先着順に傍聴券を交付いたします。
詳細に関しましては、参議院警務部受付係にお問い合わせください。

問合せ先:参議院警務部受付係 (電話)03-5521-7444
(ホームページ)http://www.sangiin.go.jp/japanese/taiken/bochou/kengaku.html
posted by 川田龍平事務所 at 16:51 | TrackBack(0) | 活動

八丈島・水海山の緑と水を守る会

6月25日(木)
「水海山の緑と水を守る会」が主催する集会に参加しました。現在、「守る会」では、東京都・八丈島にある水海(みずみ)山という国立公園内で進められている一般廃棄物最終処分場建設について、見直しを求める運動を進めています。

本日は50名前後の方が集まり、廃棄物最終処分場の建設に関する問題点や、その手続きの取り方などについての問題点が指摘されました。川田龍平は、2007年選挙前に初めて八丈島を訪れたことやその自然、環境委員として委員会で質問したことについて語り、「島の産業や生活に必要な水が危機にさらされているが、しっかり調査を行い、必要であれば他の場所へ移すことも含め、できる限り働きかけていきたい」とあいさつしました。

IMG_0178.jpg
posted by 川田龍平事務所 at 13:40 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月24日

足利事件を繰り返すな!取り調べの可視化を求める緊急集会

6月24日(水)
「足利事件を繰り返すな!取調べの可視化を求める院内緊急集会」(主催:日本弁護士連合会) に参加しました。足利事件における取調べについて菅谷和利さんご本人からお話をうかがい、弁護団から足利事件における捜査過程の問題点の説明を受けました。
川田龍平は、「菅家さんのお話を直接聞け、取り調べの状況がよく分かりましたた。取調べを全面可視化するように国会の場でも頑張りたい。」と挨拶しました。

IMG_1094.jpg
posted by 川田龍平事務所 at 13:03 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月23日

「臓器移植法」の緊急院内集会

明日、6月24日に「『臓器移植法』改悪を考える緊急院内集会」が参議院議員会館
で開かれます。どなたでもご参加自由です。ご関心のある方はぜひご参加ください。


日 時: 6月24日(水)15:00-17:00
場 所: 参議院議員会会館 第1会議室
     地図→ http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.44.44.6N35.40.25.3&ZM=11
      *有楽町線「永田町駅」1番出口(徒歩1分)
      *丸ノ内線「国会議事堂前駅」1番出口(徒歩5分)
参加費: 無料 *予約不要
題 目: 「『臓器移植法』改悪を考える緊急院内集会」
講演者: 近藤孝氏
    (医療法人・南労会 紀和病院院長 日本脳神経外科学会専門医、日本救急医学会専門医)
posted by 川田龍平事務所 at 17:03 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月18日

アウンサンスーチーさんへの「64メッセージ」↓

64歳を迎えるアウンサンスーチーさんへの川田龍平のメッセージが発信されて
います。ぜひご覧ください!

アウンサンスーチーさんへの「64メッセージ」↓
http://www.burmainfo.org/article/article.php?mode=1&articleid=485


【アウンサンスーチー氏】

 1945年ビルマ、ラング−ン生まれ。「ビルマ独立の父」アウンサン将軍の娘。60年母キン・チ−のインド大使着任に伴いインドへ。高校卒業後一時ニュ−デリ−のレディ・シュリ・ラム・カレッジに在籍した後、イギリスへ渡りオックスフォ−ド大学に進む。大学卒業後69年から71年までニュ−ヨ−クの国連本部で働く。72年ヒマラヤ文化研究家で、大学時代の知己、マイケル・アリスと結婚する。結婚後はブ−タン、ネパ−ルにも滞在。73年に長男アレクサンダ−、77年次男キムが誕生。85年から86年にかけては京都大学東南アジア研究所の客員研究員として日本に滞在。
 88年3月母の看病のため、民主化運動の燃え盛るビルマへ帰国。 7月20日国営新聞は前日におこなわれた政府主催のアウンサン将軍追悼式に参加したアウンサンスーチーの写真を大きく掲載した。「建国の父」の娘として伝説的ですらあった彼女がビルマに戻っていることを知った民衆は、民主化運動への合流をアウンサンスーチーに要請、 8月26日シュエダゴンパゴタで約50万人の民衆を前に初めて政治的な演説を行う。 9月27日、「国民民主連盟」(National League for Democracy)を結成。90年5月総選挙でNLDは80%を越える議席を獲得したが、軍事政権はこの結果を無視し、現在も国会を開催していない。
 91年にノ−ベル平和賞を受賞。しかし1989年から国家防御法により自宅軟禁を受けていたため授賞式に出席できなかった。一時の中断を経て、現在も移動や外部との接触禁止など実質的軟禁状態が続く、激しい弾圧の下におかれている。

【ビルマ(ミャンマー)の状況】
ビルマ(ミャンマー)では、1990年に行われた総選挙で民主化勢力が圧倒的多数(議席の81%)を獲得したのにもかかわらず軍事政権が政権を譲らず、今も恐怖政治が続いています。2100人を超える政治囚、組織的な人権侵害、紛争地帯での少数民族住民に対する「人道に対する罪」など深刻な問題を抱え、国連総会からも毎年非難決議を受けています。
民主化リーダーで、ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーさんは、ビルマ国民に絶大な人気がありますが、過去19年のうち13年以上もの間を自宅軟禁下におかれてきました。その拘束期限がやっと切れた今、不当な起訴によりさらに拘束期間が延期されようとしています。

「ビルマ情報ネットワーク」より↓
http://www.burmainfo.org


posted by 川田龍平事務所 at 13:04 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月17日

八丈島の緑と水を守ってください!

八丈島 パブコメ チラシ001.jpg

八丈島 パブコメ チラシ002.jpg

【八丈島廃棄物問題 院内集会のお知らせ】

ご関心のある方はぜひお越しください!

●日時: 6月25日(木)10:00‐11:30
●場所: 参議院議員会館 第1会議室
●内容: 八丈島に予定されている一般廃棄物の管理型最終処分場の
      建設問題について
●参加料: 無料 *どなたでも参加できます。予約不要。
posted by 川田龍平事務所 at 11:30 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月11日

映画 初日舞台あいさつのお知らせ

【映画のお知らせ】

カメラがじっと目を凝らす。
固く閉ざされていた精神科の扉が開く―!
『選挙』の想田監督が再びタブーに挑んだ観察映画第2弾!
(チラシより)

img-611172848-0001.jpg

img-611172858-0001.jpg

☆☆☆世界の映画祭で5冠達成!!☆☆☆

・釜山国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞
・ドバイ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞
・マイアミ国際映画祭 審査員特別賞
・香港国際映画祭 優秀ドキュメンタリー賞
・ニヨン国際ドキュメンタリー賞 宗教を超えた審査員賞

『精神』

公式サイト→http://www.laboratoryx.us/mentaljp/index.php

6月13日(土)よりシアターイメージフォーラム(渋谷)にてロードショー
(10:45/13:30/16:15/19:00)


【初日舞台あいさつ】

初日の監督舞台あいさつに川田龍平がスペシャルゲストとして参加します!
ご興味のある方はぜひお越しくださいませ。

日時: 6月13日(土)13:00より 
場所: シアター・イメージフォーラム(渋谷区渋谷2−10−2)
    TEL: 03-5766-0114
    地図: http://www.imageforum.co.jp/map.html
登壇者:山本昌知医師、想田和弘監督、川田龍平



posted by 川田龍平事務所 at 17:39 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月10日

次回環境委員会のお知らせ

来週、環境委員会が開かれます!

【次回環境委員会のお知らせ】
次回の環境委員会が決まりました。 

ぜひ、傍聴にお越しください!

案件:環境及び公害問題に関する調査

環境委員会:6月16日(火)10:00−12:39

*川田龍平の質問時間:12:19−12:39(20分)

*質問時間は多少前後する場合があります。

(注意)傍聴できる人数には制限がかかることもありますので、事前にお電話くださいませ。電話:03-3508-8202(川田龍平事務所)
posted by 川田龍平事務所 at 11:14 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月09日

コミュニティーメディア

6月9日(火)
韓国では、公共放送や民間放送以外にも、NPOや市民などがつくる非営利のメディア、コミュニティーメディアが第3のメディアとして注目されています。日本でも、総務省の審議会で「コミュニティーメディアを定義すべき」という意見が先日出されました。非営利のコミュニティラジオ・市民参加型ラジオの国際的なネットワーク、世界110カ国・地域の約5,000メンバーが参加するAMARC理事長のスティーブ・バクリーさん、国際女性トリビューンセンター事業マネージャーのマヴィック・カブレラさんたちが、日本での制度化を求めるNPOの活動支援のため議員会館を訪れました。短い時間でしたが、活動の主旨に賛同し、鳥取のケーブルテレビの話とドイツ公共放送の料金からコミュニティメディアへの財政支援されている話、どうすれば発信者が増えるか、松本の高校の事例、メディアリテラシーなど意見交換しました。普段着で発言できるコミュニティラジオやメディアが広がるよう応援したいと思います。

世界コミュニティラジオ放送連盟(AMARC)日本協議会↓
http://www.tcc117.org/amarcjp/

IMG_0941.jpg

posted by 川田龍平事務所 at 18:00 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月05日

八丈島の一般廃棄物管理型最終処分場建設について

川田龍平が環境委員会でも再三取り上げてきた八丈島の一般廃棄物管理型最終処分場建設について、パブリックコメントの募集が始まりました。
*詳細は:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11182

建設予定地は自然公園内にあり、水源地より高地に位置しています。くさやの干物や焼酎、黄八丈という八丈島の名産品は水に支えられています。もし万が一、水源が汚染されるようなことがあれば、取り返しがつかない結果となります。少なくとも他の場所を考えるべきだと考えます。環境省のパブリックコメントの募集は6月30日まで行われます。水海山の緑と水を守る会のHPなど見て頂いた上で、ぜひパブリックコメントにご意見をお寄せ下さい。
posted by 川田龍平事務所 at 17:05 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月04日

厚労省との緊急意見交換会

6月4日(木)

「厚労省との緊急意見交換会」(主催:年金制度の国籍条項を完全撤廃させる全国連絡会、後援:無年金障害者問題を考える議員連盟)が参議院議員会館で開かれました。
議連会長の南野知惠子参議院議員が先日の厚労委員会で質問し、桝添大臣は「(国民年金に国籍要件が設けられていたことなどにより年金受給権を有していない障がい者に対する福祉的措置については)今後精力的に検討していく」と答弁しました。意見交換会の場でも、厚労省は、「(在日の無年金者の方々の実情を把握するために)調査を検討したいが、サンプルの取り方や個人情報の取り扱いなど課題がある」と現在の状況を説明しました。
参加された方々からは、「既に日本人の調査は何度も行われているが、同じ内容で在日の無年金者だけに何か問題があるのか」という指摘がありました。厚労省がしっかりと取り組む姿勢を示せば、道が開けると思います。昨日も、民主党の年金記録回復法案が参議院本会で野党の賛成多数で可決しました。在日の高齢者の方々はもとより、在日の無年金障がい者の方々も高齢化し、無年金で日々の生活さえもままなりません。一人一人の暮らしが成り立つようにしっかり働きかけたいと思います。
posted by 川田龍平事務所 at 16:06 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月03日

「与党水俣病法案を廃案に!」緊急集会に参加

6月2日(火)

「与党水俣病法案を廃案に!」緊急集会へ参加しました。

現在、与党が衆議院に提出している「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の最終解決に関する特別措置法案」には、加害企業チッソの分社化や公健法に基づく指定地域解除が盛り込まれています。補償のための親会社と収益を上げる子会社へ分社化することは、加害原因企業と企業責任の免罪となり、「被害者補償責任の投げ捨て」の仕組みを作ることになります。また、多数の被害者を「切り捨て」ることにもなります。集会には、水俣病問題の真の解決である「すべての被害者の救済」を訴えるため、熊本や鹿児島、新潟を始め全国から被害者の方々が集まり、国会議員も赤嶺政賢衆議院議員、阿部知子衆議院議員、末松義規衆議院議、村井宗明衆議院議員、相原久美子参議院議員、大島九州男参議院議員、近藤正道参議院議員、轟木利治参議院議員、仁比聡平参議院議員、福山哲郎参議院議員、渕上貞雄参議院議員、松野信夫参議院議員ら15名参加しました。
水俣病問題は基本的には救済ではなく、補償の問題です。国の責任があいまいにされてきたことが、これまで水俣病の完全解決を先延ばしにしてきました。
水俣病被害者の患者のみなさんから、耳鳴りなど見た目にはわからない被害について訴えの声を直接いただきました。川田龍平は、「被害当事者の立場で、いろいろな方たちと力をあわせてがんばりたい」と挨拶しました。
posted by 川田龍平事務所 at 09:11 | TrackBack(0) | 活動

2009年06月01日

「与党水俣病法案を廃案に!」緊急集会のお知らせ

「与党水俣病法案を廃案に!」緊急集会が開かれます。


日時:6月2日(火)12:00−12:30

場所:衆議院第二議員会館 第1会議室

主な内容:@水俣病被害者救済特別措置法案の問題点
      Aあるべき解決の方法
      Bその他

現地からの上京者:被害者の方々を中心に100名程度

問い合わせ:水俣病不知火患者会、ノーモアミナマタ国賠訴訟原告団
      0966−62−7502

現在、「水俣病被害者救済特別措置法案」が国会に上程されています。この法案は、加害企業チッソの分社化や公健法に基づく指定地域解除を盛り込んでいます。「加害企業優先、被害者大量切り捨て」を許さない、と現地から被害者の方々が多数出席されます。ぜひ、ご参加ください。
posted by 川田龍平事務所 at 15:21 | TrackBack(0) | 活動

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。