2008年10月02日

国際人権委員会委員長&副委員長 懇談会

9月24日(水)
川田龍平は、「国際人権(自由権規約)委員会委員長及び副委員長との懇談会」
に出席しました。

国際人権委員会とは↓
http://www.nichibenren.or.jp/ja/committee/list/kokusai_jinken.html

CIMG5845.JPG

CIMG5852.JPG

posted by 川田龍平事務所 at 12:06 | TrackBack(0) | 活動

2008年09月19日

東京エイズサミット2008夏

9月18日(木)
川田龍平は、早稲田大学学生が主体となって開催した「東京エイズサミット
2008夏」に参加しました。3回目となる今回も、貴重な情報交換の場として
活発な意見交換がされました。

撮影:山本宏樹

HD8I0638[1].jpg

HD8I0675[1].jpg
posted by 川田龍平事務所 at 15:29 | TrackBack(0) | 活動

2008年09月05日

福田首相辞任にあたって

昨年の臨時国会冒頭の安倍首相辞任から1年を待たずして、突然の福田首相辞任表明は、政治の空白を作らないと言いながら、自民党公明党連立政権を維持するための辞任であり、まったくもって国民のためではないと思います。

本来であれば、国民に信を問う「解散・総選挙」こそが、今の政治空白を救う最大のチャンスです。もし仮に政策論争が起きるのであれば、この7年間の小泉・安倍・福田政権がとってきた経済政策に対してどのように評価し、また今後の対策をどうしていくのか注目したいと考えています。

なぜ自分たちの生活が今苦しいのか、冷静に分析していくことだ大事だと思います。


今、無所属参議院議員の自分にできることは何か?


与野党の逆転した参議院において無所属の1議席の意味は大きいです。民主党を離党した改革クラブができた今、より無所属の1票は重要になります。政党に属さない無所属だからこそできることがあります。
議員活動1年を経過し、臨時国会前のこの時期に、この1年間の総まとめとなる国会活動報告をまとめ、具体的には、今後の国会で提案していく患者の権利/被験者保護のための法制度化と、薬害防止法案づくりのための勉強会を準備しています。また、政治活動の土台となる組織の新体制をつくるつもりです。これからの5年間、更に先を考え、今、自分にできることを精一杯がんばりたいです。
posted by 川田龍平事務所 at 16:59 | TrackBack(0) | 活動

2008年08月22日

薬害根絶デー

8月22日(金)
川田龍平は、薬害根絶デーの厚労省前リレートークに参加しました。

CIMG5816.JPG

薬害エイズ事件の1996年の確認書和解を契機として、1999年8月24日
厚労省(当時厚生省)前庭に「薬害根絶誓いの碑」が建立されました。同年、
薬害被害者の連絡組織である薬被連(全国薬害被害者団体連絡協議会)
が結成され、その後毎年8月24日に薬被連により薬害根絶デーが実施され
るようになりました。本年、8月22日の薬害根絶デーには、薬被連の文科省
交渉、厚労省交渉、碑の前行動、薬害根絶デー実行委員会の昼の厚労省前
リレートーク、パレード、報告集会、街頭宣伝活動などが実施されます。
(薬害根絶デー実行委員会より)

全国薬害被害者団体連絡協議会↓
http://homepage1.nifty.com/hkr/yakugai/
posted by 川田龍平事務所 at 15:30 | TrackBack(0) | 活動

2008年08月20日

泡瀬干潟の埋立中止を求める

8月19日(火)
川田龍平は、「小橋川共男・救え沖縄・泡瀬干潟とサンゴ礁の海・写真展」
に行きました。

CIMG5812.JPG

   続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 17:31 | TrackBack(0) | 活動

2008年07月09日

市民サミットへ参加(札幌)

7月4〜6日(金〜日)
川田龍平は、先住民族サミットや市民サミットに参加するため、札幌へ
行きました。

CIMG5533.JPG

続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 11:10 | 活動

2008年06月26日

薬害肝炎抗議運動 大阪

6月23日(月)
薬害肝炎「企業モラルを正せ!抗議運動」に川田龍平は参加しました。

CIMG5391.JPG

続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 15:31 | 活動

2008年06月06日

後期高齢者医療制度反対!

6月6日(金)朝
多くの市民や団体の方々が「後期高齢者医療制度」廃止を求め、
参議院議員会館前に集まりました。川田龍平も強く訴えました。

CIMG5170.JPG    続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 10:37 | Comment(0) | 活動

2008年06月05日

第5回患者の権利を守るための公開勉強会 開催!

     STOP!薬害 守ろう!被験者人権
     患者の権利を守るための
     公開勉強会(第5回)


厚労省は5月30日に「臨床研究に関する倫理指針」改正案を発表し、意見募集(6月末締切り*)を開始しています。患者・研究者双方の立場から、臨床研究の法制化を求める声が寄せられていましたが、反映はされていません。
研究の被験者を保護する法制度は臨床研究の推進と共に進められるべきとする考え方は、国も認識し、2006年12月には内閣府総合科学技術会議が「被験者の保護法制」の必要性を謳いました。同時期に(独)科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センターが「臨床研究基本法(仮称)」を提案、そこでも「被験者の保護」が盛り込まれました。本案は2007年自民党ライフサイエンス議連によるサミットでも最優先課題として取り上げられました。さらに、先月14日の衆議院厚生労働委員会では、舛添厚生労働大臣自らも、「臨床研究に関する倫理指針」改正審議においては「法制化も含めて検討したい」と答弁をしています。
そこで今回は、臨床試験の現場に精通し、JSTの「臨床研究基本法(仮称)」案策定メンバーを務め、また厚労省の「臨床研究の倫理指針に関する専門委員会」委員でもある藤原康弘医師に、現状を踏まえつつJSTの法案について伺います。そのお話を踏まえ、立法府側で進めていくべき法制化について、参加議員の皆さん、一般市民の皆さんともに、議論を深めていきたいと思います。是非、ご参集ください。

                      記

スピーカー:     藤原康弘 臨床検査部長 (国立がんセンター中央病院) 
日   時:      2008年6月26日(木) 14:30〜16:30
場   所:      参議院議員会館 第4会議室
呼びかけ:      参議院議員川田龍平03-3508-8202(内線5202)
参   加:      無料(どなたでも参加できます)

*「臨床研究に関する倫理指針」の改正案に関する意見募集のURL
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=495080030&OBJCD=100495&GROUP= 
posted by 川田龍平事務所 at 14:47 | Comment(0) | 活動

2008年05月26日

タスマニア原生林伐採とグリーン購入法・紙類基準改定問題

5月23日(金)
川田龍平は、参議院議員会館で行われた院内集会
「タスマニア原生林伐採とグリーン購入法・紙類基準改定問題」に参加しました。

こちらもご参考に↓
http://www.treesnotgunns.org/jp

CIMG5061.JPG

CIMG5073.JPG

posted by 川田龍平事務所 at 14:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 活動

2008年05月20日

環境委員会 いよいよ質問!

次の質問日程が決定しました!

5月22日(木)10:55〜11:10(1回目)
         12:31〜12:49(2回目)


(環境委員会:10時〜13時
 質問の時間は少しずれる場合もあります)

川田龍平は、来週いよいよ環境委員会で質問に立ちます。
テーマ:「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律案」
     「土壌汚染対策法の一部を改正する法律案」

傍聴をご希望の方は、10時までに参議院議員会館202号室の川田龍平事務所
までお越しください。
*傍聴できる人数には制限がかかることもありますので、事前にお電話ください。
電話:03-3508-8202
posted by 川田龍平事務所 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

2008年05月13日

TABLE FOR TWO 導入セレモニー

5月13日(火)
参議院議員会館食堂と参議院食堂に「TABLE FOR TWO」によるメニューが
導入され、本日はその導入セレモニーが行われました。

CIMG4922.JPG



続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 15:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 活動

2008年04月18日

国政報告会(松本市)開催!!

川田龍平 国政報告会を開催します!!

4月19日(土)、長野県松本市にて国政報告会を開催します。

「川田龍平 国政報告会 in 信州」 ぜひ、ご参加ください!!

日時:4月19日(土)
   報告会 13:30〜15:00(参加費無料)
   懇親会 15:00〜16:00(参加費1000円 お茶付き 要予約)
会場:松本市浅間温泉文化センター 中会議室 TEL 0263(46)2654 
  http://www.mcci.or.jp/www/asama-spa/index09.htm
  *当日は込み合うことが予想されますので駐車は野球場駐車場にお願いします
主催:川田龍平を応援する会
   川田龍平信州応援団
posted by 川田龍平事務所 at 14:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 活動

2008年04月07日

懇談会 再処理工場を止めよう市民グループ

4月4日(金)
川田龍平は、高橋千鶴子衆議院議員、保坂展人衆議院議員、大島九州男参議院
議員、下田敦子参議院議員、近藤正道参議院議員らと一緒に、再処理工場に
反対する市民グループと地方議員との懇談会(青森県)に参加しました。
川田龍平が所属する「公共事業チェック議員の会」や「原子力政策転換議員
懇談会」のテーマ、各市民グループや議員が課題とするテーマはそれぞれ異なり
ますが、報告や、質疑、問題提起、次から次へと発言者が続き、終わってみれば
3時間びっしりの盛り上がりでした。再処理工場を止めようと新たに一致団結した
懇談会でした。

CIMG4732.JPG

CIMG4737.JPG

posted by 川田龍平事務所 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 活動

2008年04月03日

高尾山 圏央道の視察に行きました!

4月3日(水)
川田龍平は、高尾山トンネルの視察に行ってきました。
圏央道のトンネル工事は2007年5月28日に始まりました。しかし、この工事に
よって山の沢や滝、井戸が枯れる事態が起こっており、「生命の源」である
地下水の異常は、自然環境に重大な影響を及ぼします。また、工事が始まった
次の日にはトンネル付近の山が一部、崩落するなど既に影響が出ています。
地元の住民たちは毎日、座り込みを重ね、なんとかこのトンネル工事を止めさ
せようと頑張っています。川田龍平も、次回の環境委員会ではこの問題について
鋭く質問していく予定です。

CIMG4663.JPG
崩落した山

CIMG4674.JPG
沢は枯れてしまい、スプリンクラーで水を供給しているが…

CIMG4719.JPG
湧き水が出るところもあるが、水量が少しずつ減っているらしい

CIMG4688.JPG

CIMG4709.JPG
座り込み場所


posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 16:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 活動

2008年04月02日

有明海再生のための中央行動

4月2日(水)
川田龍平は、「有明海再生のための開門に向けた中央行動」に参加しました。
1989年に事業着手された国営諫早湾干拓事業は、2007年11月に
完工式が実施され、いよいよ4月1日から干拓農地での営農が始まります。
一方、有明海においては潮受け堤防による諫早湾締め切り後の環境破壊で、
甚大な漁業被害が引き起こされています。
諫早湾の水門開放を求めて、多くの方々が座り込みに入りました。座り込みは、
3日(木)13時まで続きます。

CIMG4649.JPG

CIMG4644.JPG

CIMG4624.JPG
posted by 川田龍平事務所 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 活動

2008年03月24日

保険業法改正案提出&記者会見

3月24日(月)
川田龍平は、大久保勉議員、亀井亜紀子議員、大門実紀史議員、近藤正道議員らと
共に「保険業法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律案」を提出しました。

CIMG4559.JPG
法律案を提出

CIMG4575.JPG
記者会見の様子

posted by 川田龍平事務所 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

2008年03月17日

JACSESシンポジウム08に参加

3月17日(月)本日、川田龍平は、下記シンポジウムでパネラーとして参加します。

************************************

             JACSESシンポジウム08

           「ガソリン国会と地球温暖化」

         〜道路特定財源・環境税・排出量取引〜

************************************

 京都議定書における日本の温室効果ガス削減目標値は−6%であるが、2006年
度排出量(速報値)は基準年(原則1990年)と比較し6.4%上回っており、12%以上
のギャップが生じている。目標達成のためにCDM・国際排出量取引等の京都メカ
ニズムの活用拡大が見込まれ、財務省は、このために1兆円以上の税金を投入す
ることになる、との試算を示した。京都議定書目標達成のために京都メカニズムに
多額の税金を費やしてよいのだろうか。また、洞爺湖サミットに向け、日本政府は
温室効果ガス半減社会の実現を掲げるが、そのためには日本は中長期的に温室
効果ガス排出量の大幅削減をいかにして達成するのか。

 一方で、道路特定財源/ガソリン税のあり方に関する議論が与野党間で急速に
盛り上がっている。これを契機に、環境税の導入議論も活性化してきた。また、政
府による「地球温暖化問題に関する懇談会」や、経済産業省による「地球温暖化
対応のための経済的手法研究会」の設置など、国内排出量取引制度の検討も急
速に進展している。

 さらに、各種世論調査によると、日本の市民の地球温暖化問題に対する関心も
急速に高まっている。道路特定財源・環境税・排出量取引は次期総選挙の争点と
なる可能性も高く、連日マスメディアでも報道されており、多くの有権者の支持が
得られる意見を提示した議員・政党こそ、躍進することになるだろう。

 そこで、本シンポジウムは、今後の日本社会をリードするであろう各党のキーパ
ーソンにお集まりいただき、今後の地球温暖化政策のあり方、道路特定財源改革
・環境税・国内排出量取引の是非・あり方に関する議論を行う。

【日時】2008年3月17日(月)17:30〜20:50

【場所】星陵会館ホール(〒100-0014 東京都千代田区永田町2-16-2)
    ・星陵会館への地図↓
     http://www.seiryokai.org/kaikan.html

【交通アクセス】地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線、永田町駅下車6番出口か
        ら徒歩3分

【参加費】一般2,000円
    (JACSES賛助会員は無料、サポーター会員は半額)


【プログラム(予定)】(以下、敬称略)
 第一部:報告(17:30〜18:50)
  1.「国内排出量取引の制度設計の可能性」
    諸富 徹(京都大学大学院准教授、環境省国内排出量取引制度検討会
         委員、東京都税制調査会委員)
  2.「環境税の制度設計の可能性(ガソリン税との関係を含めて)」
    足立治郎(JACSES事務局長、炭素税研究会コーディネーター、経済産
         業省地球温暖化対応のための経済的手法研究会委員)
 <質疑応答>

 <休 憩>

 第二部:パネルディスカッション(19:00〜20:50)
  ◇パネリスト
    水野賢一(自民党衆議院議員、自民党元環境部会長、元法務副大臣)
    古川元久(民主党衆議院議員、民主党税制調査会副会長、民主党地球
         温暖化対策本部事務局長)
    吉井英勝(共産党衆議院議員、共産党経済産業部会長、共産党原発・
         エネルギー問題委員長)
    阿部知子(社民党衆議院議員、社民党政策審議会長、社民党地球温暖
         化防止・環境税創設プロジェクトチーム座長)
    川田龍平(参議院議員(無所属)、薬害エイズ訴訟(東京HIV訴
         訟)原告、人権アクティビストの会代表)
    諸富 徹
    足立治郎
  ◇司会
    後藤敏彦(環境監査研究会代表幹事、サステナビリティ日本フォーラ
         ム代表幹事、持続可能な発展日本評議会(JCSD)共同議長)
  ◇ディスカッション内容(予定)
    気候変動政策のあり方、道路特定財源・環境税・国内排出量取引制度の
    是非・あり方

【主催】「環境・持続社会」研究センター(JACSES)

【お申し込み】
 「3月17日シンポジウム参加申込」と明記の上、以下の参加申込フォームもし
 くはFAXにてお申し込みください。

・シンポジウム案内:http://www.jacses.org/paco/event/seminar080317.htm
 ・参加申込フォーム:http://www.jacses.org/form/form_event.html
 ・Fax: 03-3556-7328

 特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 
 担当:足立

 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 三信ビル401
 TEL:03-3556-7323・FAX:03-3556-7328・E-mail:jacses@jacses.org

※本シンポジウムは「環境再生保全機構地球環境基金」の助成を受けて行われま
 す。
posted by 川田龍平事務所 at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

2008年03月10日

A SEED JAPAN主催イベントに参加

3月8日(土)
川田龍平は、国際青年環境NGOのA SEED JAPAN主催「持続可能な社会のための
日本青年サミット」に参加しました。分科会の一つ「青年と政治」では、日本の
政治や政策の構造的な課題を共有し、青年の政治・行政への働きかけの手法と
可能性を共有することを目的に、川田が講演、会場から質疑を受け、パネルディス
カッションへと発展する構成。全国各地から多くの方々が集まり、レベルの高い
分科会でした。

CIMG4350.JPG
posted by 川田龍平事務所 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

2008年03月03日

第4回国政報告会(国分寺)

3月2日(日)
川田龍平の第4回国政報告会が、国分寺労政会館で行われました。
100名余りの方々に集まっていただき、報告会後の懇親会にも60名近くの
方々が残ってくださいました。準備も含めて、企画・運営してくださった
「川田龍平と三多摩市民の会」のみなさん、ありがとうございました。

P1000797.JPG
川田龍平より国会報告

P1000811.JPG
報告会後の懇親会にて
posted by 川田龍平事務所 at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。