2009年03月13日

性教育授業に関する地裁判決に寄せて 

東京都立七生特別支援学校の元教諭らが都議3人と都に対して損害賠償を求めた事件で、東京地裁は慰謝料210万円の支払いを都議3人と都に命じました。

 同校では、体の部位の認識が難しい知的障害のある生徒のために、性器のついた人形等を使った独自の性教育を行っていました。しかし、同校を視察に訪れた都議はこの性教育を「感覚が麻痺している」などと述べて非難し、都の教育委員会は「学習指導要領に反する」として元教諭らを厳重注意処分としました。それに対し、元教諭らは精神的な苦痛を受けたなどとして、損害賠償を求める訴訟を起こしました。
 判決では、都議の非難を教育の自主性を侵害する教育への「不当な支配」とし、また、教育委員会の処分を「裁量権の濫用」として、両者を違法と結論づけました。

 この判決は、近年性教育や男女平等教育における学校の自主性が侵害される中で、教育の自主性を守るために大きな意味を持つ判決として注目されています。

 文部科学省が進めてきたエイズ教育ではHIV感染予防が不十分であり、性教育の中で性感染症の一つとしてHIVとAIDSを教える必要を訴えています。また性教育について、HIVをはじめとする性感染症についての知識だけでなく、いのちの大切さや自己決定と性の多様性などを子どもに伝える大切な教育だと考えています。川田龍平は性教育の推進が必要だと考えており、学校の自主的な性教育を認めるこの判決をきっかけとして、それぞれの学校でさらに性教育の取り組みが進むことを応援しています。
posted by 川田龍平事務所 at 18:33 | その他

2008年04月14日

薬害肝炎相談コーナー

2008年3月19日


「1」薬害肝炎に関する基本的なQ&A (厚生労働省の対応)

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/01/h0117-3/qa.html

Q1.今回、厚生労働省が血液凝固第VIII因子製剤・第IX因子製剤の納入先の医療機関名を再公表することとした理由はなんですか。

Q2.「血液凝固因子製剤」とは何ですか。

Q3.血液凝固第VIII因子製剤や血液凝固因子第IX因子製剤は血友病の治療以外にどのような場合に使われたのですか。

Q4.血液凝固第VIII因子製剤や血液凝固第IX因子製剤は現在でも使われているのですか。

Q5.C型肝炎とはどのような病気ですか。

Q6.肝炎ウイルス検査はどこで受ければよいのでしょうか。

Q7.C型肝炎ウイルス検査はどのような検査なのでしょうか。

Q8.昔、手術を受けたのですが、公表リストの中にその医療機関名が入っていません。不安なのですが、どうしたらよいでしょうか。

Q9.子供が新生児期に出血した記憶があります。そのときの病院が公表リストに載っていましたが、廃院となっています。どうしたらよいでしょうか。

Q10.肝炎の治療費の助成について教えてください。



「2」 厚生労働省「フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口」
(08年3月3日より08年3月31日)

続きを読む
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年03月03日

結婚いたしました

マスメディアのみなさま、                     2008年3月3日


いつもお世話になっております。参議院議員の川田龍平です。

先月、ジャーナリストの堤未果と結婚いたしました。


私事ではありますが、いままで支えていただいたみなさまに
お伝えしたくこのような形にさせていただきました。



彼女は自分にとって、最大の理解者であり大きな支えです。
すべての面において最高の妻です。

未熟な二人ですが、一生懸命がんばりますので、今後ともよろしく
お願いします。
                              
川田龍平
川田未果


 
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 21:17 | Comment(53) | TrackBack(1) | その他

2008年02月04日

2007参議院選挙記録集 発売開始

2007参議院選挙記録集
「動けば変わる。〜川田龍平が参議院選挙に勝った理由」
川田龍平を応援する会・編

election_record_collection.jpg


の発売を開始しました。

ご注文はこちらから。
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月22日

20日告示日、第一声の様子:08’八王子市長選

20日告示日、第一声の様子:08’八王子市長選

川田龍平も応援演説にかけつけました。
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年01月15日

Happy Birthday龍平&これからパーティ

1月12日(土)
Happy Birthday龍平&これからパーティをカフェスロー(国分寺)で開催しました。
100名余りの方々に参加いただき、演奏やダンスなど盛りだくさんの会でした。

写真提供:志葉玲

IMG_3633b.jpg

IMG_3116b.jpg

IMG_3155b.jpg
続きを読む 会場の様子はこちら
posted by 川田龍平事務所 at 12:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2007年12月21日

政策ユース募集のお知らせ ※締め切りました

参議院議員川田龍平は、政策立案などをお手伝い頂く政策ユースを募集しています。


---2008年1月22日追記-----------------
 20日締め切りで募集しておりました「川田龍平 政策ユース」ですが、多数のご応募をいただきまして、予定通り締め切らせて頂きました。
 ご応募頂いた方、および今回はご応募まで至らなくてもご検討頂いたすべての方に御礼申し上げます。
 今後もこういった試みは続けていきたいと思っておりますので、今回は間に合わなかった方も、次の機会には是非ご応募下さい。

 なお、申し込み頂いた方すべてに、受領のお知らせのメールを送らせて頂きました。
 もし、すでに書類を提出しており、受領お知らせメールを受け取っていないという方がいらっしゃいましたら、なんらかの事故が考えられますので、川田龍平事務所までご連絡下さい。

 面接の日程などは追って送らせて頂きますので、受領のお知らせを受け取った方は、しばらくお待ち下さい。
 よろしくお願いします。
-------------------------------------


■政策ユースの参加条件
1)2008年04月の段階で満年齢35歳以下であり、川田龍平の基本方針および政策に協力する意志のある方を4〜6名程度募集します(政策のすべてに同意されている必要はありません)。
性別、職業、国籍等はいっさい問いません(もちろん未成年・学生も歓迎です)。

2)月一回開催される政策ユース政策立案会議に基本的に毎回参加できる人(日程は政策ユース結成後調整しますが、働いている方も参加できるような日程を調整する予定です)。

3)上記政策会議に、3〜5ヶ月に一度、政策レポートを提出、発表できる人。
政策レポートの内容は政策ユース・メンバーの任意ですが、川田龍平参議院議員が優先的に取り組むべきだと思われる課題を毎回調査し、数ページのレポートにまとめた上で発表して頂きます。
毎回の会議では、レポートに対して議論が行われ、議員本人や政策スタッフもコメントを返すことになります。

4)そのほか、義務ではありませんが川田龍平事務所が主催ないし後援する様々なイベント、特に政策勉強会や市民との交流会などに積極的に参加して頂ける人を希望しています。

5)給与・原稿料等は支給されませんが、活動に関して書籍や調査費などが必要な場合はその都度必要に応じて支給されます。

■選考方法   続きを読む
posted by 事務局 at 14:10 | Comment(1) | TrackBack(1) | その他

2007年12月12日

第3回 公開勉強会開催

川田龍平主催
「STOP!薬害 守ろう!被験者人権
 患者の権利を守るための公開勉強会(第3回)」を開催します。

厚生労働省の審議会では現在、「臨床研究に関する倫理指針」の見直し作業が行われています。この指針は、医学系の研究において「被験者の個人の尊厳及び人権を守るとともに、研究者等がより円滑に臨床研究を行うことができるよう」(前文)にすることを目指して、2003年に作られたものです。しかし、指針の遵守を義務づけるための法的な根拠はありません。患者の同意なしに行われた臨床研究や、病気腎移植などの事例が報道されていますが、患者の権利を守るために、この指針に効果はあるのか、明らかではありません。
一方、医学研究者にとっても、被験者に障害が起こっても補償をできないこと、公的保険を併用しながら研究をできないこと、研究の成果が医薬品の承認申請に使えないこと、などの観点から、研究を推進するためにも法制化を必要とする声が挙がっています。
指針の見直し作業では、今、どのような議論が行われているのでしょうか。
この指針の見直しによって、患者の権利を守りながら研究を推進する新たな方向性が見出されるのでしょうか。今回は、指針の担当課である、医政局研究開発振興課から、見直し作業の様子をご報告いただき、議論したいと思います。ご多忙かと存じますが、是非、ご参集ください。

スピーカー: 厚生労働省医政局研究開発振興課 
日   時: 2007年12月14日(金) 15:00 〜 17:00
場   所: 参議院議員会館 第5会議室

*参加される方は、14:45に「参議院議員会館1階受付ロビー」にお越しください。
 スタッフが通行証をお渡しします。

参考:第二回までの「患者の権利を守るための公開勉強会」では、(1)医薬品の承認申請を目的とした臨床試験である「治験」は省令GCPで規制されているが治験以外の臨床研究には法的規制がなく被験者保護が確保されないこと、(2)治験においてもドラッグラグの問題解決のため治験を審査する施設内の委員会のシステムが簡素化されようとしていること、(3)社会の信頼を得て研究を進めるには利益相反の問題が重要であること、などが明らかになりました。

posted by 川田龍平事務所 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年10月30日

薬害肝炎について考える


厚生労働省(以下、厚労省)が、
薬害C型肝炎による感染者418人のリストを放置した問題。

厚労省と製薬会社は、血液製剤でC型肝炎に感染した患者を
把握しておきながら、患者本人に知らせなかったというのです。
薬害エイズのときと同じ事が、またもや繰り返されています。
官僚の無責任と隠ぺい体質は、患者の立場に立っていない
その姿勢や仕組みに強い憤りを感じます。
私は、官僚・製薬会社・学者が癒着している体質に構造的問題が
あると考えます。その構造を変えるには、薬の安全・規制行政と、
開発などの製薬行政を完全に分離するため、前者を厚労省から
内閣府へ切り離し、独立行政委員会「食品・医薬品安全委員会
(仮称)」が担当する。また、「薬害防止法(仮称)」を制定し、
薬務行政を徹底的に情報公開する。
製薬会社への天下りは全面禁止する、など抜本的改革が必要だと
考えます。
                       2007年10月29日 川田龍平
posted by 川田龍平事務所 at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年10月16日

宇井眞紀子さん 写真展「記憶の大地」

宇井眞紀子さんの写真展
「記憶の大地 ナバホ保留地祈りの旅」
を見てきました。

CIMG1122hutarizentai.JPG続きを読む
posted by 川田龍平事務所 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年10月12日

共生共走マラソンに参加します!

10月21日(日)10:00〜
第11回共生共走リレーマラソンに参加します。
もちろん走ることはしませんが、多種多様な方々と交流してきます。
お時間のある方は、一緒に参加しましょう!

【イベント内容】
今年も品川区八潮団地内、多目的広場にて10月21日開催!!
「だれもがともに」を合い言葉に、色々な国や地域の人々や
障がいがある方もそうでない方々等が、垣根を取り払い
バリアフリーな交流を目指したイベントです。
メインのリレーマラソンは、普通に走ってもよし、歩いてもよし。
車イスや一輪車、仮装して走る等々、ルールは
「チームの誰か一人がコース上にいる。」のみ。
スピードや距離を競うのではなく
どんな参加にも意義を認めるユニークなものです!!
また、マラソンと並行してステージでは
手話ダンス、民族舞踊・音楽、レゲエライブなどが♪
その他、フリーマーケットや、模擬店の出店と
盛りだくさんの内容のイベントです。
秋の一日、我々と一緒にイベントを盛り上げてみませんか?

詳細はこちら↓から
http://homepage.mac.com/pmv1/daretomo/
posted by 川田龍平事務所 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

世界貧困デー STAND UP SPEAK OUT

5960016_955628064.jpg
10月17日 は世界貧困デーです。
それにあわせ、世界中で、スタンドアップというイベントが行われるそうです。

しゃがんで、立つ。声を上げる。それを集めてギネスに載せる。

それだけですが、それは「自立」のシンボルかもしれません。
貧困の中にある人が、自らとお互いの可能性を信じて「自立」する。
富める構造の上にある人がその格差や搾取と裏表の依存から「自立」する。
世界中の「自立への意志」がこの地球の上に立ち上がる。

それは7月のG8洞爺湖サミットにも影響を与えることになるかも。

各自、家でも駅でもできますし、代々木公園では光る人文字を作るそうです。以下詳細。
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 10:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2007年09月28日

9月28日 迎撃ミサイルPAC3の都心への移動展開演習に関する防衛省公開ヒアリングのご案内

川田龍平が紹介議員となり、下記の集会を開催します。
(★本日です!)

  迎撃ミサイルPAC3の都心への移動展開演習に関する
  防衛省公開ヒアリング


 日時:2007年9月28日(金) 16時30分〜17時30分
 場所:参議院議員会館 第3会議室(1階)
(有楽町線・南北線永田町駅2分、丸の内線・千代田線国会議事堂前駅5分)
  ※川田龍平議員他国会議員、地方議員の発言も予定

呼びかけ:核とミサイル防衛にNO!キャンペーン(TEL:03-5711-6478)

詳細は下記をご覧ください。

続きを読む
posted by 事務局 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年09月17日

国会議院・川田龍平 スタート集会@9.17

本日、国会議院・川田龍平 スタート集会@9.17
が行われました。

おかげさまで、350名を超える超満員。
食べ物などが足りず、たいへんすいませんでした。
来ていただき、ほんとうにありがとうございます。

CA330537.JPG
(撮影:ウチヤマ)

みなさんと一緒に、がんばっていきます。
生きるって楽しい、と思える日本へ。
続きを読む
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 22:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2007年09月04日

9月17日 国会議員 川田龍平スタート集会

参議院議員に当選後、初の集会となる「国会議員 川田龍平スタート集会」を開催いたします。
激戦だった東京選挙区での参院選挙を振り返り、そして国会議員としての川田龍平の決意を語らせていただきます。
ぜひご出席ください。

  ■日時:9月17日(月・休) 14:00〜16:30 (開場 13:30)
  ■会場:日本教育会館9F レストラン喜山
         東京都千代田区一ツ橋2-6-2
  ■参加費:2,000円(飲み物・軽食付き)

  ■交通
地下鉄都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
地下鉄都営三田線神保町駅(A8出口)下車徒歩5分
東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分
JR総武線水道橋駅(西口出口)下車徒歩15分

※事前の申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
posted by 事務局 at 15:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2007年08月25日

死刑廃止

死刑廃止関連、取り急ぎの情報です。
***
死刑執行に、「死刑廃止議員連盟」が怒りの会見
http://www.asahi.com/politics/update/0823/TKY200708230257.html
2007年08月23日19時12分

 3人の死刑が23日に執行されたことを受け、超党派の「死刑廃止議員連盟」(亀井静香会長)に所属する国会議員が同日、記者会見を開いた。長勢法相が死刑執行命令書に署名したのは任期10カ月余りで計10人。議員らは内閣改造前の「駆け込み執行」に抗議した。

 会見で社民党の福島党首は「短期間に極めて大量の死刑を執行したことに怒りを感じる」と指摘。そのうえで、「民主党や公明党を巻き込んで死刑を国民的議論にするために議員連盟も早急に意思統一をして動きたい」として、国会に死刑制度調査会を設置する法案の提出に意欲を示した。
*************************

川田龍平マニフェストでは
【問題点】死刑制度は、冤罪の危険があり、犯罪の抑止にもなっていない。また、刑務所矯正について、罰の面ばかりが強調され、再犯防止の観点が薄い。
【解決策】すでに批准している拷問禁止条約(残虐な刑罰を禁止)に基づき、死刑を廃止する。また、刑務所の運営について、薬物犯罪者の治療をしっかりと行ったり、修復的司法を導入したりするなど、再犯防止の観点を重視していく。

死刑廃止info! アムネスティ死刑廃止ネットワークセンター
http://homepage2.nifty.com/shihai/


死刑存廃問題 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%AD%98%E5%BB%83%E5%95%8F%E9%A1%8C
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 09:08 | Comment(2) | TrackBack(14) | その他

2007年08月08日

初登院の様子

8/7 朝8時、初登院いたしました。
070807.jpg
(アラカワさん撮影)

0708070-2.jpg 070807-3.jpg 070807-4.jpg 070807-5.jpg 070807-6.jpg 070807-7.jpg 070807-1.jpg
(以上 奥田美紀さん)

070807-u1.jpg 070807-u2.jpg 070807-u3.jpg 070807-u4.jpg


装いは和。
平和の和、和みの和、和をもって尊しとなすの和・・・
アメリカの属国のようにではなく、
自立した日本としての意思を。
そして相互にリスペクトしながら学びながら対話しながらの
アジアの中での共生を、世界での共生を。
江戸、縄文、日本国憲法、雑民の・・・わたしたちにはたくさんの智慧と、
昔から海に開かれて来たオープンな、多様な文化があります。
それらを活かしていきましょう。

続きを読む
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 00:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他

2007年08月06日

初登院は8月7日(火)

川田龍平 初登院は8月7日(火)です
★ 午前8時に国会正門前に集まろう ★

 臨時国会が8月7日から10日の4日間の日程で開催されます。
 8月7日(火)の午前10時から本会議ですが、8時から正門が
開きます。川田龍平は午前8時に正門前に到着しますので、ボラン
ティァの皆さんも集まって共に初登院を祝いましょう。
 当日の初登院には、中庭でテレビ局の生中継インタビューも行わ
れます。取材も殺到しそうです。龍平選挙の勝利は、ボランティァ
選挙の勝利です。ぜひ、大勢のボランティアが集まり、マスコミを
通して全国にアピールしましょう。
(地下鉄丸の内線・国会議事堂前駅を下車し3分程度)
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi4406392070806205423

9月中旬以後の土日に選挙報告集会と新たなスタート集会をかねた集いを開催する予定です。
詳細が決まればお知らせします。
posted by 事務局 at 15:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2007年08月03日

当選証書を受け取り 8/1

都庁にて当選証書を受け取りました。
r-070801a.jpg r-070801b.jpg IMG_7887b.jpg

写真はシバレイさん

川田氏、苦笑いで「先生」は止めて…当選証書付与式
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200708/sha2007080204.html

 参院選東京選挙区の当選証書付与式が1日、都庁で行われた。当選者5人のうち本人が出席したのは民主党の大河原雅子氏(54)と無所属の川田龍平氏(31)のみ。自民党の丸川珠代氏(36)は初当選ながら欠席し、代理人が証書を受け取った。

 激戦を勝ち抜いた川田氏は選挙戦の疲れが残るようで「温泉に行きたい」と笑わせつつ、「薬害の被害解決に向けてしっかり取り組む」と表情を引き締めた。

 報道陣から「先生」と声を掛けられると「『先生』と呼ぶのは止めて」と苦笑。「『川田さん』か『龍平さん』と呼んで」と異例のお願いをする場面もあった。

 大河原氏は安倍首相の進退について「続投というのは微妙な勇気」と皮肉り、「私は辞めるべきだと思う」と話した。

IMG_7915b.jpg IMG_7926b.jpg 
posted by 動けば変わる。日本2.0へ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。